2008年08月02日

皇居 内奏、福田康夫改造内閣 新閣僚の認証式

【午前】9時56分、皇居。内奏、新閣僚の認証式。11時42分、官邸。54分、閣僚に補職辞令交付。

【午後】0時10分、初閣議。29分、閣僚と記念撮影。33分、町村信孝官房長官。1時3分、公邸。

PS:内奏(ないそう)とは天皇に対して、国務大臣などが国政の報告を行うこと(ウィキペディアより

投稿者 首相の晩餐マスター : 23:01 | コメント (0) | トラックバック


2008年08月01日

福田改造内閣発足 野田聖子氏が消費者行政担当相 中山恭子氏が拉致問題担当相

福田康夫首相は1日、政権初の内閣改造を行った。新設の消費者行政担当相に野田聖子元郵政相が就任。また、拉致問題担当相として、中山恭子首相補佐官が初入閣を果たした。

このほか、伊吹文明幹事長が財務相に、谷垣禎一政調会長が国土交通相、二階俊博総務会長が経済産業相にそれぞれ就任。党役員から重要閣僚に横滑りした。与謝野馨前官房長官も経済財政担当相として入閣した。また、増田寛也総務相、高村正彦外相、舛添要一厚労相、町村信孝官房長官はそれぞれ留任した。

公明党からは斉藤鉄夫政調会長が環境相として初入閣。参院からは舛添、中山両氏のほか、林芳正氏も防衛相として初入閣した。

福田改造内閣の顔ぶれ

▽総理   福田康夫(衆)
▽総務   増田寛也(民間)
▽法務   保岡興治(衆)
▽外務   高村正彦(衆)
▽財務   伊吹文明(衆) 
▽文部科学 鈴木恒夫(衆)
▽厚生労働 舛添要一(参)
▽農林水産 太田誠一(衆)
▽経済産業 二階俊博(衆) 
▽国土交通 谷垣禎一(衆)
▽環境   斉藤鉄夫(衆)
▽防衛   林芳正(参)
▽内閣官房 町村信孝(衆)
▽国家公安、沖縄・北方、防災 林幹雄(衆)
▽行政改革、金融 茂木敏充(衆)
▽経済財政、規制改革 与謝野馨(衆)
▽消費者行政、食品安全 野田聖子(衆)
▽拉致問題、少子化 中山恭子(参)

投稿者 首相の晩餐マスター : 23:57 | コメント (0) | トラックバック


<内閣改造>「国民目線で政策実行」福田首相会見

<内閣改造>「国民目線で政策実行」福田首相会見

福田康夫首相は自民党役員人事、内閣改造を終えた1日夜、首相官邸で記者会見した。首相は「解散を論じるより政策の実行だ」と語り、衆院解散・総選挙に踏み切るのは福田改造内閣で実績を残した後だとの認識を示した。「新内閣の命名」の質問には「安心実現内閣」と応じた。首相は「日々の生活でどのような実感をもっていらっしゃるかに思いをいたし、国民目線を踏まえた新しい内閣の下で実行していく」と述べた。
8月1日22時6分配信 毎日新聞

自公両党で意見が食い違う臨時国会の召集時期について首相は、「政治的な問題になってはいけないので、新体制で十分協議する」と述べ、早急に与党と協議する考えを示した。与謝野馨経済財政担当相ら消費税増税派の起用に関連し、「(増税を)すぐ実現しようと言っているとは思えない。消費税の扱いを道筋を立てて国民に十分説明することが大事だ」と述べた。【高山祐】

 福田康夫首相が1日夜に行った記者会見の要旨は次の通り。

 <冒頭発言>首相就任以来、国民目線での改革を進めてきた。しかし、ガソリンや食料品価格高騰の影響で生活が苦しくなったと感じている方が多い。生活改善を実感できる政策の実現を重視した新たな布陣にした。穀物価格高騰に対しては、わが国農業の構造改革、競争力強化を進める。年金、医療、介護など社会保障制度のあり方について逃げることなく根本から見直す。消費者行政の一元化、行政のムダ・ゼロ、低炭素社会実現などは着実に進んでいる。改革をさらに加速する。外交面では、地球温暖化など地球規模の課題に積極的に取り組み、PKOやテロ対策など国際協力を進める。北朝鮮の核・ミサイル・拉致問題の解決に全力を傾注する。

 <衆院解散>解散を論ずるより政策を実行する。政策の実現を通じて今の不安をできるだけ小さくしていく。

 <改造の方針>政策が実現できるような布陣を敷いた。特に今の経済情勢にどう対応するかは喫緊の課題。「安心実現内閣」だ。

 <消費税>財政再建を考えた場合、消費税なしでできるとは考えられないし、安心できる社会保障制度も成り立たない。ただ(増税派が)「今すぐに」と言っているとも思えない。きちんと道筋を立て、国民に説明をしていくことが大事だ。

 <臨時国会の召集時期>政治的な問題になってはいけないので、新体制でこれから十分協議する。

 <新テロ対策特別措置法の延長>テロとの戦いやイラク、アフガンの復興は極めて重要。具体的な対応を申し上げる段階ではない。

 <民主党への対応>民主党も9月に代表選がある。いたずらに対決するのが本当にいいのか、民主党も十分考えてほしい。今後も対話の姿勢は崩さない。

投稿者 首相の晩餐マスター : 23:56 | コメント (0) | トラックバック


首相「内閣改造で原料高や景気に対応」自公党首会談

福田康夫首相と公明党の太田昭宏代表との与党党首会談が1日午前9時前から首相官邸で行われ、首相は同日午後に政権発足後初めての内閣改造を断行することを正式に伝えた。

党首会談は首相官邸で約20分間行われた。

首相は「連立与党なので改造について協力をお願いしたい。国民生活重視、国民生活目線の改革への態勢をつくっていきたい」と組閣に向けた方針を表明。その上で「原材料高、景気、少子高齢化に対応した陣容にしないといけない」との考えを示した。

太田氏は「生活重視の励ましの改革を強く打ち出すことが大事だ」と述べた。
会談には、町村信孝官房長官、自民党の伊吹文明、公明党の北側一雄両幹事長が同席した。
8月1日10時5分配信 産経新聞
 

この後、首相は午前11時ごろに、自民党の麻生太郎前幹事長と首相官邸で会談し、幹事長への就任を直接要請する。

午後、臨時閣議を開き、閣僚の辞表をとりまとめるとともに、自民党の臨時役員会などで一任を取り付け、党役員人事を決定する。夕方には自公両党の組閣本部を設置し官房長官が閣僚名簿を発表、首相も記者会見を行う。皇居での認証式は2日午前になる見通しで、正式な福田改造内閣発足は同日となる。

改造と自民党役員人事をめぐっては、このほか、町村信孝官房長官と大島理森国対委員長が留任の見通しだ。参院自民党の執行部は吉村剛太郎政審会長、矢野哲朗前参院国対委員長の入閣を推薦する方針だ。

投稿者 首相の晩餐マスター : 11:29 | コメント (0) | トラックバック


2008年06月08日

国際宇宙ステーションに滞在中の星出彰彦宇宙飛行士らと交信

7時34分、東京・青海の日本科学未来館。35分、渡海紀三朗文部科学相、同館長の毛利衛宇宙飛行士、立川敬二宇宙航空研究開発機構理事長ら。44分、シーファー駐日米大使らと国際宇宙ステーション内部の模型などを視察。
8時2分、国際宇宙ステーションに滞在中の星出彰彦宇宙飛行士らと交信。シーファー大使、渡海文科相、毛利氏ら同席。

投稿者 首相の晩餐マスター : 23:47 | コメント (0) | トラックバック


2008年05月30日

第4回アフリカ開発会議(TICAD)閉会式

【午前】9時16分、宿泊先の横浜市西区のヨコハマグランドインターコンチネンタルホテルで国連事務総長特別顧問のジェフリー・サックス米コロンビア大教授。50分、全アフリカ議会のモンゲラ議長。
10時9分、同区のパシフィコ横浜。12分、第4回アフリカ開発会議(TICAD)閉会式。47分、同ホテル。11時31分、同ホテルの宴会場「インターコンチネンタルボールルーム」で共同記者会見。

13時2分、パシフィコ横浜。TICAD事務局職員を慰労。10分、同ホテル。56分、官邸。

投稿者 首相の晩餐マスター : 23:54 | コメント (0) | トラックバック


2008年05月29日

第4回アフリカ開発会議(TICAD)全体会合に出席

【午前】9時2分、宿泊先の横浜市西区のヨコハマグランドインターコンチネンタルホテルでコモロのサンビ大統領。26分、モーリタニアのアブドライ大統領。43分、シエラレオネのコロマ大統領。10時11分、ブルンジのニセゼラナ第2副大統領。25分、ナイジェリアのジョナサン副大統領。43分、ボツワナのメラフェ副大統領。11時2分、レソトのモシシリ首相。29分、チュニジアのガンヌーシ首相。50分、アンゴラのディアス・ドスサントス首相。

 【午後】0時51分、ホテル内の宴会場「インターコンチネンタルボールルーム」で世界銀行、国連食糧農業機関(FAO)、国際農業開発基金(IFAD)、世界食糧計画(WFP)共催の「食糧価格高騰に関するハイレベル・パネル・ディスカッション」に出席、あいさつ。1時28分、ニジェールのウマル首相。52分、トーゴのマリー首相。2時47分、アフリカ連合(AU)のジャン・ピン委員長。3時11分、ロックグループ「U2」のボノ氏。52分、ノーベル平和賞受賞者のワンガリ・マータイさん。4時12分、ゼーリック世界銀行総裁。38分、横浜市西区のパシフィコ横浜。第4回アフリカ開発会議(TICAD)全体会合に出席。6時1分、同ホテル。45分、ミギロ国連副事務総長、デルビシュ国連開発計画(UNDP)総裁ら国連機関首脳。7時44分、横浜市西区の横浜ロイヤルパークホテル。ホテル内の宴会場「鳳翔」で日本・アフリカ連合(AU)友好議員連盟、東京都、日本経団連、外務省共催のレセプションに出席。8時55分、ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテル。

投稿者 首相の晩餐マスター : 23:51 | コメント (0) | トラックバック


2008年05月28日

第4回アフリカ開発会議(TICAD)に出席、あいさつ

【午前】
8時15分、宿泊先の横浜市西区、ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテルの宴会場「インターコンチネンタルボールルーム」で第4回アフリカ開発会議(TICAD)参加各国の首脳らと記念撮影。22分、同区のパシフィコ横浜。29分、TICAD開会式に出席、あいさつ。9時2分、同ホテル。
9時11分、スワジランドのムスワティ3世国王。
9時38分、スーダンのバシル大統領。
10時、ガンビアのヌジャイセイディ副大統領。
10時27分、コンゴ共和国のサスヌゲソ大統領。
10時57分、ジブチのゲレ大統領。
11時15分、南アフリカのムベキ大統領。
11時50分、カボベルデのピレス大統領。
【午後】
0時13分、エジプトのアブルゲイト外相。
0時30分、同ホテルの宴会場「ベイビュー」で首相主催の昼食会。
2時12分、パシフィコ横浜。「アフリカン・フェア2008」オープニングセレモニーに出席、あいさつ。ガボンのボンゴ、マダガスカルのラベロマナナ両大統領らと同フェアを視察。50分、同ホテル。
3時2分、ウガンダのムセベニ大統領。
3時26分、セーシェルのミシェル大統領。
3時40分、ザンビアのムワナワサ大統領。
4時19分、モザンビークのゲブザ大統領。
4時40分、ナミビアのポハンバ大統領。
5時6分、リベリアのサーリーフ大統領。
6時13分、同区のパンパシフィック横浜ベイホテル東急
27分、同ホテル玄関で天皇、皇后両陛下を出迎え。7時5分、同ホテルの宴会場「クイーンズグランドボールルーム」で貴代子夫人とともに第1回野口英世アフリカ賞授賞式に出席、あいさつ。50分、同賞記念夕食会。9時29分、同ホテル玄関で天皇、皇后両陛下を見送り。34分、宿泊先のヨコハマグランドインターコンチネンタルホテル。

投稿者 首相の晩餐マスター : 23:42 | コメント (0) | トラックバック


2008年05月27日

ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテルでアフリカ16ヶ国の首脳と個別会談

【午前】8時29分、国会。32分、閣議。47分、舛添要一厚生労働相。59分、鴨下一郎環境相。9時5分、官邸。10時13分、横浜市西区のヨコハマグランドインターコンチネンタルホテル。
10時55分、ガボンのボンゴ大統領。
11時15分、ルワンダのカガメ大統領。
【午後】
0時11分、エチオピアのメレス首相。
0時37分、タンザニアのキクウェテ大統領。
1時4分、ブルキナファソのコンパオレ大統領。
2時、エリトリアのイサイアス大統領。
2時25分、セネガルのワッド大統領。
3時14分、ギニアビサウのビエイラ大統領。
3時37分、ガーナのクフォー大統領。
4時31分、マリのトゥーレ大統領。
4時55分、ケニアのキバキ大統領。
5時21分、マダガスカルのラベロマナナ大統領。
6時3分、中央アフリカのボジゼ大統領。
6時25分、マラウイのムタリカ大統領。
6時54分、モロッコのファシ首相。
7時26分、ベナンのヤイ大統領。

投稿者 首相の晩餐マスター : 23:36 | コメント (0) | トラックバック


2008年05月22日

福田首相 「共に歩む」アジア・太平洋目指す 外交演説

福田康夫首相は22日、東京都内のホテルで開催された国際交流会議「アジアの未来」で「太平洋が『内海』となる日へ」と題して演説した。
30年後に太平洋を人やモノが自由に行き交う「内海」へと発展させる考えを強調した。
父・赳夫首相がマニラで打ち出した「福田ドクトリン」(1977年)が約30年前だったことを意識し、アジア・太平洋諸国に「共に歩む」30年後の姿を示し、政権の主要な外交理念の一つとして打ち出した。
5月22日20時2分配信 毎日新聞

 

首相は「多様なアジア・太平洋、世界に自らを開いていく」ことが、地域の発展に必要との認識を示し、「開放」がキーワードになると指摘。そのうえで、「(日本は)太平洋が内海となるような大きな成長の動きの中で、安定・発展の中核を目指す」と宣言した。

また、日本が取り組む具体策として「東南アジア諸国連合(ASEAN)共同体実現支持」や「日米同盟の強化」「平和協力国家」「知的・世代的交流強化」「気候変動への取り組み」を「五つの約束」として提示。

今後30年間を「アジア格差解消の30年」と位置付け、ASEAN内の地域格差是正に尽くすとした。大規模災害や疾病で各国が相互協力する「アジア防災・防疫ネットワーク」の構築も提唱した。【古本陽荘】

福田首相の演説「太平洋が『内海』となる日へ」の要旨は次の通り。

 アジアの行く末を太平洋というプリズムを通して考えたい。今から30年先、太平洋を「内海」とする国々がネットワークを形成しつつ発展するアジアの姿が思い描ける。キーワードは開放だ。日本自身が開かれた多様性に生きることを原点とし、無限の可能性を求めたい。

 ロシアが日本との関係を深くし、アジア、太平洋と結び合うと一段と成長の機会が出てくる。インドもアジアの未来を支える柱になる。経済連携を進め、域内分業や生産や流通のネットワークを考えるべきだ。

 5項目の約束をする。第一は共同体実現に向けたASEANの努力を支持する。ASEAN担当大使を置き、代表部も設ける。これからの30年を「アジア格差解消の30年」と宣言する。第二は日米同盟をアジア・太平洋地域の公共財として強化する。第三は日本は「平和協力国家」として汗をかく。アジアの緊急援助機関同士の「アジア防災・防疫ネットワーク」を築き、防災協力外交を追求する。第四は若者の交流に力を入れる。第五は気候変動と闘う。ポスト京都の枠組みに早く合意できるよう努力する。

 透明で民主的な法の支配に基づく統治の仕組みを確立できていないと社会の混乱を吸収できない。アジア・太平洋の国々が問題にぶつかった時、日本は経験を語り合える仲間のように思える国でありたい。海を媒介として一つのネットワークとなるアジア・太平洋で、そこに生きる人たちとの間に、心と心の信頼を通い合わせながら「共に歩む」絆(きずな)を作っていきたい。
 

投稿者 首相の晩餐マスター : 14:18 | コメント (0) | トラックバック


消費者庁の早期設置に決意=福田首相

「役所の問題による犠牲者をこれ以上増やしてはならない」。
福田康夫首相は22日付のメールマガジンで、自らが創設を表明している「消費者庁」について、2009年度の早い時期の設置を目指す考えを改めて示した。
首相は、パロマ工業製ガス瞬間湯沸かし器の事故で息子を亡くした上嶋幸子さんらと19日に面会したことを紹介。「役所が縦割りになっていて、事故の情報がうまく伝達されないなどの問題があった」と反省点を挙げた上で、「消費者庁をできるだけ早くつくる」と強調した。 
5月22日7時2分配信 時事通信

投稿者 首相の晩餐マスター : 12:31 | コメント (0) | トラックバック


2008年05月21日

福田首相中国大使館訪問 四川大地震の犠牲者に弔意

福田康夫首相は21日午後、東京・元麻布の中国大使館を訪れ、中国・四川大地震の犠牲者に弔意を表した。
首相は「お気の毒だ。心から弔意を表したい。必要なことは何でも言ってほしい」と述べ、崔天凱駐日大使は「(日本の)国際緊急援助隊、医療隊は素晴らしい。
心からご支援に感謝します」と答えた。

投稿者 首相の晩餐マスター : 19:11 | コメント (0) | トラックバック


2008年05月12日

食糧や緊急援助隊を準備=首相、中国四川省地震被害に支援伝達

政府は12日、中国四川省を震源とする大地震の発生を受け、中国側から具体的要請があり次第、水や食糧、毛布などの物資援助や、救助、医療チームを含む国際緊急援助隊の派遣を行う方針を決めた。
福田康夫首相は胡錦濤国家主席と温家宝首相に「必要であればできるだけの支援を行う用意がある」と伝達。来日した胡主席とは先の会談で日中関係の強化を確認したばかりでもあり、可能な限り迅速に対応する考えだ。
福田首相は同日夕、胡主席らに「日本政府と日本国民を代表して心からお見舞い申し上げる」とのメッセージとともに、支援の意向を在中国日本大使館を通じて伝えた。
5月12日19時1分配信 時事通信

政府は既に水や食糧の援助を中国側に打診。シンガポールにある備蓄倉庫から毛布などを送る準備を進めている。外務省幹部は「第一弾の支援は数1000万円規模になる」としている。
同省は、倒壊した建物の生き埋めになっている被災者を救助する医療チームなどの派遣を想定。消防庁や警察庁、海上保安庁、国際協力機構(JICA)と緊密に連絡を取り合っている。 

投稿者 首相の晩餐マスター : 23:11 | コメント (0) | トラックバック


2008年05月07日

中国の胡錦濤国家主席との日中首脳会談

【午前】8時59分、皇居。貴代子夫人とともに中国の胡錦濤国家主席夫妻の歓迎行事に出席。
9時52分、公邸。59分、官邸。
10時21分、貴代子夫人とともに官邸玄関で胡主席夫妻を出迎え、記念撮影。26分、胡主席との日中首脳会談。
【午後】0時16分、共同文書署名式。28分、共同記者会見。1時15分、胡主席とともにデジタル地球儀「触れる地球」見学。23分、官邸玄関で胡主席らを見送り。

福田康夫首相と中国の胡錦濤国家主席は7日午前、首相官邸で約2時間会談し、72年の国交正常化以来4番目となる共同文書「『戦略的互恵関係』の包括的推進に関する日中共同声明」に署名した。
日本が提唱する地球温暖化防止対策「セクター別アプローチ」を評価する「気候変動に関する日中共同声明」も合意。
チベット問題では首相がダライ・ラマ14世側との対話再開を評価し、胡主席は対話継続でダライ・ラマ側と合意したことを明らかにした。
東シナ海ガス田開発問題は早期解決を、中国製冷凍ギョーザ中毒事件は捜査協力継続をそれぞれ再確認するにとどまった。

投稿者 首相の晩餐マスター : 23:58 | コメント (0) | トラックバック


2008年04月30日

<福田首相>ガソリン値上げ「苦しい判断だった」

改正租税特別措置法の成立を受け、福田康夫首相は30日夕、首相官邸で記者会見した。
ガソリンが値上げされることに「本当に苦しい判断だった」と述べた上で「歳入不足が継続する無責任な状態を解消することが必要と判断した」と、再可決に理解を求めた。
再可決をめぐる混乱については「ご迷惑をおかけしたことに責任を感じている」と陳謝した。
4月30日21時10分配信 毎日新聞


民主党が再可決を「民意に反する」として、衆院解散・総選挙を求めていることには「現時点では考えていない」と述べた。

首相は、道路特定財源を10年間維持する道路整備財源特例法改正案についても「1日も早く成立させなければならない」と強調。同法案の再可決は明言しなかったが、首相は「野党の皆さんに一般財源化を実現したい気持ちがあれば、責任ある対応が可能なはずだ」と述べ、野党の協力を呼びかけた。

道路特定財源の一般財源化について、首相は(1)6月ごろ策定する政府の経済財政運営の基本方針「骨太の方針」で一般財源化の具体像を示す(2)夏以降本格化する政府税制調査会の税制抜本改革に関する議論を「例年より早い時期」に始める--考えを示した。

一般財源化方針と特例法改正案の矛盾には「いずれにせよ09年度からの一般財源化を実現する決意だ」と、詳細な説明を避けた。【尾中香尚里】

投稿者 首相の晩餐マスター : 23:27 | コメント (0) | トラックバック


2008年04月23日

福田首相が「消費者庁」創設を表明

福田康夫首相は4月23日午前、消費者行政を一元化する新組織として来年度の早い時期に「消費者庁」を創設する考えを示した。消費者行政推進会議(座長・佐々木毅前東大総長)の会合で表明した。
首相が新組織の具体的な形態に言及したのは初めて。内閣支持率が低迷する中、首相就任以来の肝いりの政策で目に見える成果を早急に示し、政権浮揚につなげる狙いがありそうだ。
4月23日10時20分配信 産経新聞

首相は会議の冒頭、「私なりの新組織についての考え方」と前置きした上で、「消費者行政の司令塔として、消費者の安全、安心にかかわる問題について幅広く所管し、消費者の視点から監視する強力な権限を有する消費者庁を来年度に立ち上げ、早急に事務作業に着手する」と述べた。

 縦割り行政の弊害除去や地方組織の強化を強調したほか、留意点として消費者庁創設にあわせた行政のスリム化推進も指摘した。

 消費者庁は内閣府の外局とし、消費者行政の企画立案や各省庁間の総合調整を担う。また、食品の安全や金融取引といった産業界を所管する関係省庁に対し、消費者サイドに立った適切な対応を促す是正勧告権も付与する方針だ。

 首相は1月の施政方針演説で新組織の創設と担当相の新設を明言し、2月に有識者による消費者行政推進会議を発足させて議論を進めてきた。会議は5月末の最終報告で消費者庁の具体像をまとめ、政府は秋の臨時国会で消費者庁設置の関連法案を提出する方針だ。

投稿者 首相の晩餐マスター : 12:02 | コメント (0) | トラックバック


2008年04月20日

衆議院山口2区補選の応援で街頭演説

【午前】8時4分、羽田空港。9時25分、全日空673便で広島空港。
河村建夫自民党広報本部長出迎え。10時50分、JR岩国駅前。太田昭宏公明党代表らと街頭演説。
焦点の道路特定財源について「一般財源化する。わたしたちは進もうとしているが、野党は賛成してくれない」と民主党の対応を批判。また、地方活性化の必要性を指摘した上で、自民党候補について「地方発展のプロだ」と述べ、支持を訴えた。
11時24分、山口県岩国市の岩国国際観光ホテル。26分、西村亘山口県副知事、福田良彦岩国市長ら。

【午後】0時20分、同県光市の建材販売会社「ファノス」駐車場。太田代表と街頭演説。1時13分、同県下松市の複合施設「下松タウンセンター」前。太田代表と街頭演説。59分、JR徳山駅。2時1分、駅長室で菅義偉自民党選対副委員長。3時5分、ひかり465号でJR博多駅。16分、福岡空港。18分、同空港内の全日空VIPルームで新宮松比古自民党福岡県連会長。5時19分、全日空258便で羽田空港。

投稿者 首相の晩餐マスター : 23:30 | コメント (0) | トラックバック


2008年04月19日

紀尾井町のグランドプリンスホテル赤坂

【午前】10時5分、東京・紀尾井町のグランドプリンスホテル赤坂
外務省の佐々江賢一郎外務審議官、斎木昭隆アジア大洋州局長、原田親仁欧州局長、安藤裕康官房副長官補と勉強会。

投稿者 首相の晩餐マスター : 23:29 | コメント (0) | トラックバック


2008年04月16日

若者就職支援センター「ジョブカフェちば」を視察

【午後】0時43分、千葉県船橋市の若者就職支援センター「ジョブカフェちば」。
センター内を視察。記者団に「国民が迷わず、あそこに行けば大丈夫という、安心のよりどころになる組織を持たなければいけない」と、消費者行政一元化の一環として、地方の相談窓口の機能強化を図りたい考えを示した。

13時59分、同市の千葉県消費者センター。同センター内を視察。
14時41分、報道各社のインタビュー。15時27分、官邸。

投稿者 首相の晩餐マスター : 23:57 | コメント (0) | トラックバック


2008年04月14日

東京世田谷区大蔵の国立成育医療センターを視察

9時23分、東京都世田谷区の国立成育医療センター同センターで小児科、産科の医療現場の先端的取り組みを視察した。医療機関の視察は就任後初めて。
首相は視察後、記者団に対し、小児科、産科の医師不足に関して「財源問題などがあるが、早期に手をつけなければいけない。産科、小児科、救急医療の態勢について、来月ぐらいにはビジョンをまとめ、実現に向けて努力していきたい」と述べ、産科・小児科などの態勢強化策を来月にも策定する考えを示した。
(2008年4月14日 読売新聞)

投稿者 首相の晩餐マスター : 23:01 | コメント (0) | トラックバック


2008年04月12日

東京・内藤町の新宿御苑「桜を見る会」に出席

【午前】8時44分、東京・内藤町の新宿御苑。
貴代子夫人とともに首相主催の「桜を見る会」に出席、あいさつ。
10時37分、公邸。

投稿者 首相の晩餐マスター : 23:52 | コメント (0) | トラックバック


2008年04月09日

党首討論/首相、懇願調で逆質問「日銀人事なぜ不同意か」

福田康夫首相と民主党の小沢一郎代表による党首討論が9日、行われた。
福田首相は日銀人事が4度も否決されるなど、政策が決まらない弊害を強調、「日銀人事はなぜ不同意なのか。ガソリン税廃止による2.6兆円の財源不足をどうするのか、(人事など)民主党の誰とお話ししたら信用できるのか」などと逆質問を連発した。小沢代表が「総理の質問に答えたい」と笑みを浮かべながら余裕たっぷりに“答弁”し、立場が逆転したような討論となった。 
4月9日16時6分配信 毎日新聞

福田首相は「(国会対策で)かわいそうなくらい苦労しているんですよ、審議を促進してほしい」と懇願調で協力を呼びかけ、ガソリン税の財源不足について小沢代表に質した。
これに対し小沢代表は、道路特別会計に約1兆円の繰越金があることなどを指摘、「地方の皆さんは喜んでおり、政府の言うような混乱はなかった」と述べた。
また、日銀人事については「日本のシステムは日銀の総裁、副総裁、その中に必ず(旧)大蔵省がポストを占めるという既得権益の中にあるから、それがいけないと言っている」などと持論を展開した。

投稿者 首相の晩餐マスター : 19:18 | コメント (0) | トラックバック


2008年04月05日

北海道洞爺湖町のザ・ウィンザーホテル洞爺内を視察

【午前】7時47分、宿泊先の北海道洞爺湖町のザ・ウィンザーホテル洞爺内を視察。高橋はるみ道知事、長崎良夫同町長ら同行。
8時56分、留寿都村のリゾート施設「ルスツリゾート」。
建設中の主要国首脳会議(北海道洞爺湖サミット)取材拠点「国際メディアセンター」を視察。
9時26分、真狩村のフランス料理店「レストラン・マッカリーナ」。店内を視察。
10時18分、ザ・ウィンザーホテル洞爺。57分、ホテル内の宴会場「ウィンザーホール」で地球温暖化問題に関する懇談会。甘利明経済産業相、鴨下一郎環境相ら同席。

13時6分、懇談会出席者と昼食会。31分、高橋知事。14時2分、洞爺湖町の洞爺湖文化センター。対話集会「甘利大臣、鴨下大臣と語る希望と安心の国づくり」。44分、報道各社のインタビュー。16時21分、新千歳空港。18時23分、日航528便で羽田空港。19時9分、公邸。

投稿者 首相の晩餐マスター : 23:49 | コメント (0) | トラックバック


2008年04月04日

北海道洞爺湖町ザ・ウィンザーホテル洞爺

18時19分、羽田空港。19時55分、日本航空541便で新千歳空港。
21時49分、北海道洞爺湖町のザ・ウィンザーホテル洞爺

■ホテルを知る本|リッツ・カールトンが大切にする サービスを超える瞬間フランク・ロイド・ライトTHE 有頂天ホテル スペシャル・エディション

投稿者 首相の晩餐マスター : 23:38 | コメント (0) | トラックバック


2008年03月31日

福田首相が暫定税率失効で会見「国民に心よりおわびする」

福田首相は3月31日夜、首相官邸で記者会見し、ガソリン税の暫定税率期限切れについて、「政治が本気になれば防ぐことはできた。政治のツケを国民に回す結果になったことは、心よりおわびする」と謝罪した。
3月31日18時8分配信 読売新聞

福田首相は「税率が下がれば、その分だけ財政に穴が開く。穴を開けておいていいのか。赤字国債発行もあるが、財政状況を考えればそういう時ではない」とも語った。2日の参院本会議で審議入りする租税特別措置法改正案など税制関連法案を、参院での否決後に衆院で再可決し、暫定税率を復活させる意向を表明したものだ。

 2009年度から道路特定財源を一般財源化する自らの方針について、「きちんとやり遂げたい。国民のための改革に反対する人はいるか」と述べ、自民党の反対論は影響しないとする見方を示した。

 民主党の小沢代表との党首会談については、「私は申し入れたいが、中身も考えなければいけない。よい結果が得られるなら喜んで会談したい」と語り、事態の改善につながることが前提になると強調した。

 一方、小沢氏は静岡市内で記者団に、「暫定税率分は国民の手元に返すことが経済対策、特に地方対策になる」と述べ、暫定税率の期限切れを歓迎する意向を表明した。党首会談については、「いつでも応じるが、我々は暫定税率を返すことが一番いい方法だと思っている」と語り、事態打開につなげるのは難しいとする見方を示した。

 首相は記者会見に先立ち、公明党の太田代表と国会内で会談し、混乱回避に万全の対策を講じる方針を確認した。

 政府は混乱回避策として、ガソリンスタンドの資金繰り対策や税収が減る地方自治体に対する財政支援策などを実施する方針だ。

最終更新:3月31日18時8分
読売新聞

投稿者 首相の晩餐マスター : 23:34 | コメント (0) | トラックバック


2008年03月27日

道路特定財源を全額一般財源化 首相表明、21年度から

福田康夫首相は27日午後、緊急記者会見を開き、道路特定財源について「見直すべきは大胆に見直す。道路関連の無駄を排除し、平成21年度から道路特定財源を一般財源にする」と述べ、道路特定財源制度を全廃する方針を表明した。

この中で、福田首相は、今年4月に揮発油(ガソリン)税の暫定税率を廃止すれば、国民生活に混乱が生じるとして、20年度予算に伴う歳入関連法案(日切れ法案)の年度内成立の必要性を強調。道路特定財源の支出に無駄が多いと指摘されていることに触れ「国民におわびする」と謝罪した。
3月27日16時11分配信 産経新聞

今後の暫定税率については、環境問題への国際的な取り組み、国・地方の財政状況を踏まえて検討するとの考えを示した上で、「20年度については、暫定税率を維持することを野党の方々にぜひご理解いただきたい」と述べた。

 また道路建設の中期計画については、最新のデータを用いて5年間に短縮して、新たな計画を策定することを明らかにした。

 首相の緊急会見について、民主党の山岡賢次国対委員長は同日、国会内で記者団に対し「前進していないとしか受け止められない」と述べ、受け入れを困難との認識を示した。

投稿者 首相の晩餐マスター : 23:44 | コメント (0) | トラックバック


【福田首相緊急会見全文(1)】「道路特定財源一般化を表明」

福田康夫首相は2008年3月27日夕、首相官邸で記者会見し、平成21年度から道路特定財源を一般財源化するとともに、揮発油(ガソリン)税の暫定税率については財政状況を踏まえて検討する考えを示した。その上で、民主党との与野党協議を呼びかけた。会見の詳細は以下の通り。
3月27日18時55分配信 産経新聞

「年度末、3月末までに、あと5日ばかりとなりました。ただいま、そういう時期に参議院で、予算および関連税制法案の審議をいたしておりますけれども、この年度内にですね、税制法案が成立しなければ、地方財政や国民生活に大きな支障、および混乱が生じかねません。1週間前に、私は、税制法案の見直しにつきまして、検討を与党に指示をいたしました。その後、野党に対して、何度もですね、政策協議を呼びかけてまいりましたが、きょうに至るまで、何の進展もみておりません。混乱を回避し、国民生活を守る、という総理大臣の責任をまっとうするためには、何としても、野党のみなさんとの話し合いの機会を作らなければいけないと考えて参りました。そういう話し合いができない状況において、本来であれば、与野党間の政策協議の場で、提示すべき内容でありますが、時間も切迫してきたということもありますので、こうした形で発表をすることといたしました。この提案にあたりまして私は、見直すべきは、大胆に見直す、という決意をしております。本日はそうした観点から、道路特定財源の改革案について、野党のみなさん、そして何よりも、国民のみなさんに対してご説明をさせていただきたいと考えておる次第でございます」

「第1に、道路予算については、娯楽用品を買ったり、公益法人の職員旅行に使ったりと、不適切な支出が次々と明るみに出ました。こんな使われ方をしている税金なんか払いたくない、という国民のみなさんが感じることは、まったく、その通りでございます。このように国民の信頼を著しく失墜させたことに、私も大きな怒りを持っております。行政の長として、国民のみなさんにおわびをするとともに、支出のあり方について、抜本的な改革を行うこととしました。まず、道路予算に大きく依存している公益法人について、廃止、民営化を進め、契約のあり方についても、競争政策を取り入れて見直します。あわせて、不透明な天下りは排除します。また、娯楽用品を買うなどといった不適切な支出を根絶し、無駄を排除します。第2に、道路以外にも政府がやるべきことはたくさんあるのに、なぜ道路にしか使えないのか、という疑問もたくさんいただきました。ガソリン税などの収入を道路整備にしか使えない、としている道路特定財源制度につきましては、本年の税制抜本改革時に廃止し、21年度から一般財源として活用します。その際、地方財政に悪影響を及ぼさないような措置を講じます。そして、CO2を排出しない新エネルギー開発など、地球温暖化対策、救急医療体制の整備、少子化対策など、さまざまな政策にも使えるようにします。第3に、一般財源化に伴って、暫定税率を含めたガソリンなどへの税率のあり方についても、今後検討します。その際、ガソリンなどに課税することで、CO2の排出を抑制して地球温暖化対策に取り組んでいる国際的な動向や、地方における道路整備の必要性、国・地方の厳しい財政状況を踏まえて検討してまいります。第4に、10年間で59兆円が必要としている現在の道路整備計画についても、これまでの国会審議などを通じて、この計画にはまだまだ見直しの余地がある、と痛感いたしました。まず、10年という計画期間は長すぎるとの指摘がありました。今後、最新のデータを用いながら5年間に短縮したうえで、新たな計画を策定することといたします。そのうえで、厳格かつ客観的な評価を行って、十分な吟味を行い、本当に必要と判断される道路だけを着実に整備してまいります。以上の4点について、改革を着実に実行することを、国民のみなさんにお約束をしたいと思います」

「また、こうした改革につきまして、4月からの20年度予算においても可能な限り反映してまいります。まず、道路予算の執行にあたってはこれから策定する新しい道路整備計画によって見直すべきところがあれば、厳格に反映させていきます。また20年度予算についても一般財源としての使い道については、野党のみなさんから現実的な提案があれば、協議に応じる考えです。さらにこれらの道路財源改革を進めるにあたっては、私は与野党政策協議会の設置を提案したいと思います。この協議会においては、第1に一般財源化したガソリン税などをどのような政策に使うべきか、その場合税率はどれぐらいが適切か。第2に、新しい道路整備の中に、これらについて野党のみなさんと一緒に協議し、決定してまいりたいと考えます。残された時間はあとわずかでありますが、私はまだあきらめていません。与野党で話し合いを行えば、事態は打開できると信じております。政治のツケを国民に回してはならないという一点で野党、特に民主党には話し合いに応じていただきたいと。もう時間がないと逃げ出すことは簡単ですが、私は最後まで決してあきらめません。政治を動かすのは国民のみなさんです。私も最後まで懸命に努力していくので国民のみなさんのご理解、力強いご支援を心よりお願いします。以上です」

 --民主党は暫定税率の即時撤廃を求めている。首相の提案では検討するということだが、検討というのは廃止も念頭にあるのか

「検討とは申し上げております。20年度のことですから」

 --暫定税率…

「暫定税率は先ほど私が申し上げたですね。これは道路特定財源制度は今年の税制抜本改正時に廃止し、21年度から一般財源化と、こう申し上げております」

 --期限というのは来年…

「だから21年度から一般財源化」

 --暫定税率を残すにしても21年度からということか

「そうです」

投稿者 首相の晩餐マスター : 23:40 | コメント (0) | トラックバック


2008年03月18日

「武藤氏でなければ民主もいいのだろう」 空気読めぬ首相 日銀総裁人事

日銀総裁人事で、福田康夫首相が18日国会に示した「セカンドベスト」は再び旧大蔵(財務)事務次官経験者の田波耕治氏だった。参院第一党の民主党には「武藤敏郎副総裁と同じタイプ」(鳩山由紀夫幹事長)としか映らなかった。日銀総裁ポストを死守したい財務省の強い意向が反映されたとみられ、官僚に甘いとされる首相の主体性のなさを浮き彫りにした。民主党の空気を読み切れない「孤独の首相」の判断が、迷走劇に拍車をかけた。
3月18日22時14分配信 産経新聞

 与党内には、「空白」も省みない首相の判断をいぶかる空気が広がった。公明党幹部は「民主党が財務省に反対しているのに、どうして事務次官経験者なのか…」と天を仰いで二の句を継げなかった。
 首相はなぜ、「旧大蔵次官経験者」に固執したのかー。
 12日に「武藤総裁」案を参院に突っぱねられた首相は先週末の15、16の両日、首相公邸で善後策を練っていた。
 15日に公邸を訪れた自民党の大島理森国対委員長は、「武藤氏が残れば民主党は不同意とするだろう」と進言した。首相は「継続性が大切だ」としか語らなかったが、この時点で武藤氏の差し替えを模索し始めていた。
 その動きを警戒したのが財務省だった。同省と日銀の出身者による「たすきがけ」の総裁人事が崩れるためだ。財務官僚に背中を押された額賀福志郎財務相は16日、公邸に押し掛けた。自民党関係者によると、額賀氏は武藤氏以外でも同省OBを起用してほしいと直訴し、首相は「武藤氏でなければ民主党もいいのだろう」と応じたという。
 町村信孝官房長官は18日の記者会見で、国際協力銀行総裁の田波氏を「金融の実務に精通し、国際経験も豊かだ」と持ち上げた。しかし、国際協力銀は日本企業が発展途上国で行う経済活動を支援する国際金融業務と、政府開発援助(ODA)の有償資金協力(円借款)を担う海外経済協力業務が任務だ。民主党からは田波氏の守備範囲について「通常の銀行業務や国際経済とはかけ離れた世界」(若手)との声が上がった。
 しかも、首相は「田波総裁」案について民主党への事前の根回しさえしなかった。同党の小沢一郎代表は18日の記者会見で「これを頭から飲みなさいというやり方は、あまりにも高圧的だ」と政府・与党の対応を批判した。
 総裁人事について自民党閣僚経験者は首相に電話で「しばらくの空白があっても、双方が頭を冷やす時間をつくることも必要だ」と伝えたという。だが、総裁人事をめぐる混迷が首相の求心力をさらに低下させる事態も予想される。参院自民党幹部は「福田政権は持ちこたえられるかなあ」と漏らした。

投稿者 首相の晩餐マスター : 22:54 | コメント (0) | トラックバック


2008年03月02日

海上自衛隊イージス艦との衝突事故で行方不明になった吉清治夫さん、哲大さん宅着。家族らと面会

午前7時59分、公邸発。同8時1分、官邸着。同6分、海上保安庁のヘリコプターで官邸発。同58分、千葉県勝浦市の勝浦市営野球場着。
午前9時1分、勝浦市営野球場発。同7分、同市の海上自衛隊イージス艦との衝突事故で行方不明になった吉清治夫さん、哲大さん宅着。家族らと面会。
午前9時35分、吉清さん宅発。同40分、勝浦市営野球場着。同42分、海上保安庁のヘリコプターで同所発。同10時20分、官邸着。同23分、執務室へ。
同45分、同室を出て、同46分から同51分まで、官邸玄関ホールで報道各社のインタビュー。「(吉清さんの)家族との面会で首相はどのような言葉をかけたか」に「率直にこういう事故を起こして申し訳ないということを申し上げました」。同52分、官邸発。同53分、公邸着。

投稿者 首相の晩餐マスター : 23:15 | コメント (0) | トラックバック


2008年02月24日

「コンラッド東京」高村正彦外相の長男正大氏の結婚披露宴に出席

午後0時20分、東京・東新橋のホテル「コンラッド東京」着。高村正彦外相の長男正大氏の結婚披露宴に出席。
午後1時33分、コンラッド東京発。同44分、公邸着。

投稿者 首相の晩餐マスター : 23:09 | コメント (0) | トラックバック


2008年02月15日

東新橋 資生堂の保育所「カンガルーム汐留」を視察

10時14分、東京・東新橋の汐留FSビル。
資生堂の保育所「カンガルーム汐留」を視察。上川陽子少子化担当相同行。

■資生堂を知るための本(資生堂就職志望者必読)|資生堂ブランド化粧心理学―化粧と心のサイエンス福原義春の講演―変化の時代と人間の力

視察後、保育所での受け入れ児童数拡大や保育サービス充実に向けた「新待機児童ゼロ作戦」の具体的計画を2月中に発表する方針を記者団に明らかにした。

同時に「(女性を)社会全体で支えて、これからの時代に備えていかねばならない。あらためて保育所の必要性を感じた」と強調。「少子化対策としてどういうものが必要か、そのためにどういう国民的負担が必要なのかもあわせて考える必要がある」と指摘した。

首相は施設を利用している女性社員らと懇談し、「待機児童はいませんか」「子供を産むか、仕事を続けるか悩んでいたりするのですか」と質問していた。

投稿者 首相の晩餐マスター : 23:20 | コメント (0) | トラックバック


2008年01月21日

日本経済「底堅い」=当面は動向注視

福田康夫首相は21日夜、首相官邸で記者団の質問に答え、日経平均株価の大幅下落について「国内は全般的に言えば、底堅い経済情勢だ」との認識を示した。
緊急の経済対策の必要性に関しては「現状を冷静に把握するのがいいのではないか」と述べ、当面は株価動向を注視する姿勢を示した。
1月21日21時1分配信 時事通信

首相は下落の理由を「大本は結局、米国経済の問題だ。また、米国が発表した緊急経済対策をどう受け止めるかの表れだ」と指摘し、「冷静に対応、状況を見極めていくことが大事だ」と強調。国内経済については「(改正建築基準法施行に伴う)住宅建築確認の遅れが足を引っ張っていると言われている。あと価格転嫁が中小企業でうまくいかないことも心配している」と語った。
福田政権の経済政策に対する不信感の表れとの見方があることに関しては「そんなふうな専門家はいますか。ちょっとお顔を拝見したい」と反論した。

投稿者 首相の晩餐マスター : 23:22 | コメント (0) | トラックバック


2008年01月16日

裏千家東京道場で初釜式に出席

午前9時31分、東京・市谷加賀町の裏千家東京道場着。貴代子夫人とともに初釜式に出席。森喜朗元首相、安倍晋三前首相らが同席。
午前10時10分、裏千家東京道場発。

■裏千家 茶道参考図書など
裏千家茶道 四季の点前
裏千家茶道のおしえ
NHK趣味悠々茶の湯をたのしむ 表千家 DVDセット

投稿者 首相の晩餐マスター : 23:32 | コメント (0) | トラックバック


2008年01月12日

世田谷社会保険事務所 年金記録確認作業を視察

午前10時33分、東京・世田谷の世田谷社会保険事務所着。坂野泰治社会保険庁長官とともに年金記録確認作業を視察。
同11時6分から同11分まで、同事務所内で報道各社のインタビュー。「視察の感想は」に「一件一件調べるのは大変な作業だと思うが、根気強くやるしかない。一人ひとりの立場に立って考えて、しっかりやってほしい」。同12分、同所発。

■年金のことを理解する本がありましたのでご紹介します。
一家に一冊!!年金お助けBOOK 2007-2008年版―年金は自分で守る!知れば得する一歩先ゆく年金ブック (2007)

投稿者 首相の晩餐マスター : 23:07 | コメント (0) | トラックバック


2008年01月07日

新年祝賀パーティーに出席

13時50分、東京・紀尾井町のホテルニューオータニ。
14時2分、同ホテル内の宴会場「鶴の間」で経済3団体主催の新年祝賀パーティーに出席、あいさつ。
43分、官邸。
16時38分、東京・東日暮里のホテルラングウッド。48分、同ホテル内の宴会場「ラングウッドルーム」で連合の新年交歓会に出席、あいさつ。

投稿者 首相の晩餐マスター : 23:48 | コメント (0) | トラックバック


2008年01月01日

新年祝賀の儀に出席

午前10時9分、私邸発。同32分、皇居着。貴代子夫人とともに新年祝賀の儀に出席。
午前11時13分、皇居発。同33分、私邸着。

投稿者 首相の晩餐マスター : 23:53 | コメント (0) | トラックバック


2007年11月07日

帝国ホテル 勉強会

19時28分、東京・内幸町の帝国ホテル着。
五百旗頭真防衛大学校長、白石隆政策研究大学院大学副学長と勉強会。
21時55分、同所発。

投稿者 首相の晩餐マスター : 23:12 | コメント (0) | トラックバック


2007年10月30日

<自民・民主党首会談>小沢代表が対テロ新法反対伝える

福田康夫首相(自民党総裁)と民主党の小沢一郎代表の初の党首会談が30日午前10時から、国会内で行われた。
インド洋での海上自衛隊による給油活動が11月1日に期限切れを迎えることから、首相は新テロ特措法案の今国会成立に向け、小沢氏に理解と協力を呼びかけたが、小沢氏は「一般論として協力できることは協力するが、特措法は認められない」と述べ、反対する意向を伝えた。
首相は小沢氏に週末の再度の会談を要請、小沢氏も了承した。

会談の冒頭は自民党から伊吹文明幹事長、大島理森国対委員長、民主党から鳩山由紀夫幹事長、山岡賢次国対委員長が同席したが、その後退席。約80分の会談は大部分が二人だけのさしの形式で行われた。

首相は参院で与野党が逆転した「ねじれ国会」に言及したうえで小沢氏に「特措法に賛成してほしい」と呼びかけたが、小沢氏は「原理原則がある」と反論。自衛隊派遣は国連の平和活動の枠内であることが必要と強調し、譲らなかった。

会談後、首相は記者団に対し「きょうのところはまとまらなかった。きょう話したことを引き続きやっていこう、ということになった」と語った。

小沢氏は記者団に「特措法について、私たちの主張を明確に申し上げた。その点については平行線」と説明。年金問題についても協議したことを明かした。会期延長問題や衆院解散については「そういう類のことは話していない」と否定した。

会談は首相から呼びかけたものだが、自民党内では会談に先立ち小沢氏に対する警戒感が強まった。伊吹幹事長は30日朝の臨時役員会の席上、大島国対委員長とともに首相に「小沢氏との党首会談を1対1で行うべきではない」と伝えたことを明らかにした。伊吹氏は党首会談直前にも首相に面会を求め、仮に小沢氏が衆院の解散・総選挙や大連立を打診しても拒否するよう、首相に念押しした。【中川佳昭】

毎日新聞 最終更新:10月30日12時18分

投稿者 首相の晩餐マスター : 12:38 | コメント (0) | トラックバック


2007年10月22日

紀尾井町のグランドプリンスホテル赤坂

20時5分、東京・紀尾井町のグランドプリンスホテル赤坂着。秘書官と勉強会。
21時9分、同ホテル発。

投稿者 首相の晩餐マスター : 23:08 | コメント (0) | トラックバック


2007年10月15日

「スポーツマンらしく」首相も苦言

福田康夫首相は15日夜、世界ボクシング評議会(WBC)フライ級タイトルマッチで反則行為を繰り返した亀田大毅選手らが処分されたことに関連し「スポーツの世界はフェアネス(公正さ)が大事だ。スポーツマンらしくやってほしい」と苦言を呈した。

首相は「その場面を見ていなかったが(反則行為は)相当なものだったらしいね」と指摘。処分内容について「詳細に聞いていないが、やはり(反則が)ひどいという話を聞いているので、そんなものかと思う」と述べた。官邸で記者団の質問に答えた。

(共同2007年10月15日 21時59分)

投稿者 首相の晩餐マスター : 23:59 | コメント (0) | トラックバック




Copyright © premier.oops.jp All Rights Reserved.