2009年07月10日

ラクイラサミット

【午前】G8(主要国)、アフリカ首脳らとの朝食会。全参加国の首脳らによる拡大会合。
【午後】拡大会合参加の首脳らと写真撮影。インドのシン首相と会談。内外記者会見。オーストラリアのラッド首相と会談。

主要国首脳会議(ラクイラ・サミット)を終え、千賀子夫人とともに日本航空チャーター機でイタリアのレオナルド・ダビンチ国際空港発。

投稿者 首相の晩餐マスター : 23:39 | コメント (0) | トラックバック


2009年07月09日

主要国首脳会議(ラクイラサミット)G8、新興5カ国、エジプト首脳との拡大会合

9日現地:メドベージェフ露大統領と会談。G8、新興5カ国、エジプト首脳との拡大会合。
世界経済や自由貿易体制など、新興国抜きには問題解決の難しい分野を中心に協議し、世界貿易機関(WTO)のドーハ・ラウンド(多角的貿易交渉)を促進することなどを盛り込んだ初の共同宣言を採択した。
拡大会合に参加したのはG8各国、欧州連合(EU)と中国、インド、ブラジル、メキシコ、南アフリカ。今回は議長国イタリアの招きでエジプトが加わり、計15カ国・機関で協議した。

G8、新興5カ国、エジプト首脳、7国際機関代表と拡大ワーキングランチ。
G8各国から選ばれた若者による「J8」サミット代表との会合。主要経済国フォーラム(MEF)。

ブラジルのルラ大統領と会談。イタリアのナポリターノ大統領主催夕食会。カナダのハーパー首相と会談。

投稿者 首相の晩餐マスター : 23:17 | コメント (0) | トラックバック


2009年07月08日

主要国(G8)首脳会議(ラクイラ・サミット)開幕

【午前】
ラクイラ市内でイタリア中部地震の被災地を視察。報道各社のインタビュー。
【午後】ラクイラ市内の財務警察学校でG8(主要国)首脳とワーキングランチ。G8首脳と写真撮影。G8首脳討議。
世界経済の安定に「大きなリスクが引き続き存在する」との認識を表明、雇用の維持・拡大に向けた政策を各国が推進することを盛り込んだ首脳宣言を発表した。金融安定化への取り組み継続でも合意した。

主要国首脳会議(サミット)会場の財務警察幹部学校でオバマ米大統領と会談。主要8カ国(G8)首脳とワーキングディナー。オバマ大統領と会談。

投稿者 首相の晩餐マスター : 23:41 | コメント (0) | トラックバック


2009年07月06日

主要国首脳会議(ラクイラ・サミット)出席のためイタリアに向け出発

18時55分、羽田空港。19時17分、主要国首脳会議(イタリア・マッダレーナ ラクイラ・サミット)出席のため、千賀子夫人とともに日本航空チャーター機でイタリアに向け羽田空港発。

首相は6日、出発に先立ち、首相官邸で記者団に「金融でも地球温暖化でも最初にきちんと方向性を示したのは日本だ。こういった問題に道筋を付ける良い機会になる」と意気込みを語った。北朝鮮問題も積極的に議論したいとの考えを強調した。

(7日)=現地時間
【午前】日航チャーター機でイタリアのレオナルド・ダビンチ国際空港。
ローマ市内の宿泊先「ホテル・デ・ルッシー」。
【午後】
ローマ法王庁でローマ法王(教皇)ベネディクト16世、ベルトーネ国務長官と会談。

ローマ市内の日伊交流行事であいさつ。首相府でベルルスコーニ首相と共同記者発表。同首相と夕食会。

G8サミット体制とはなにか

投稿者 首相の晩餐マスター : 23:42 | コメント (0) | トラックバック


2009年05月06日

政府専用機で帰国

欧州連合(EU)との定期首脳協議などのため欧州を訪問していた麻生太郎首相は6日午後、羽田着の政府専用機で帰国した。

投稿者 首相の晩餐マスター : 23:14 | コメント (0) | トラックバック


2009年05月05日

メルケル・ドイツ首相と首脳会談

【午前】ベルリンのフンボルト大で欧州政策スピーチ。
【午後】首相府で歓迎式典。アンゲラ・ドロテア・メルケル (Angela Dorothea Merkel)ドイツ首相と首脳会談。共同記者会見。
大統領府でホルスト・ケーラー(Horst Köhler)ドイツ大統領を表敬。

投稿者 首相の晩餐マスター : 23:06 | コメント (0) | トラックバック


2009年05月04日

プラハの大統領府で日・EU定期首脳協議

【午前】プラハの大統領府で日・EU定期首脳協議。

【午後】ワーキングランチ。共同記者会見。
ヒルトン・プラハ・ホテルで「エネルギーと環境分野の包括的協力に関する日・チェコシンポジウム」に出席。
第一次世界大戦戦勝記念碑に献花。
インターコンチネンタルホテル・プラハで在留邦人と懇談。

プラハのルジニェ国際空港。政府専用機でベルリンのテーゲル空港(Flughafen Berlin-Tegel, Tegel Airport)
インターコンチネンタルホテル・ベルリン(InterContinental Berlin)泊。

テーゲル空港(Flughafen Berlin-Tegel, Tegel Airport)はベルリン・ブランデンブルク国際空港の開港(2011年予定)後は閉鎖予定。

投稿者 首相の晩餐マスター : 23:55 | コメント (0) | トラックバック


2009年05月03日

日・欧州連合(EU)定期首脳協議などのため政府専用機でプラハに向け出発

【午前】7時32分、公邸周辺をウオーキング。9時56分、羽田空港。
10時19分、日・欧州連合(EU)定期首脳協議やチェコのミレク・トポラーネク(Mirek Topolánek)首相との首脳会談などのため、千賀子夫人とともに政府専用機でプラハに向け出発。

3日=現地時間
【午後】プラハ郊外のルズィニエ国際空港(Ruzyně International Airport)。

チェコ・プラハの首相府でトポラーネク首相との共同記者会見。
リヒテンシュタイン宮殿(Liechtenstein Palace)でトポラーネク首相主催夕食会。
インターコンチネンタルホテル・プラハ(InterContinental Prague)で同行記者団と懇談。

投稿者 首相の晩餐マスター : 23:36 | コメント (0) | トラックバック


2009年04月30日

胡錦濤国家主席と会談

【午前】首都鋼鉄視察。ホテルニューオータニ長富宮で、日本大使館など主催の「日中次世代ビジネスリーダーとの集い」に出席、講演。中国中央テレビのインタビュー。

【午後】人民大会堂で胡錦濤国家主席と会談。国際倶楽部飯店で内外記者会見。
政府専用機で北京空港を出発。

23時44分、羽田空港。

投稿者 首相の晩餐マスター : 23:57 | コメント (0) | トラックバック


2009年04月29日

日中首脳会談のため政府専用機で北京へ出発

午前9時56分、羽田空港。10時19分、日中首脳会談のため政府専用機で北京へ出発。

【午後】北京国際空港。日本文化センターで国際漫画賞の受賞者と懇談。
写真展視察。中国人学生と懇談。映画監督の馮小剛氏と懇談。
人民大会堂で歓迎式典。温家宝首相と会談。温首相主催夕食会。
宿泊先のホテルニューオータニ長富宮飯店

投稿者 首相の晩餐マスター : 23:11 | コメント (0) | トラックバック


2009年04月12日

タイで開催されたアジア各国首脳との会談を終え帰国

午前3時50分、タイで開催された温家宝・中国首相、李明博・韓国大統領との日中韓首脳会談などを終え、政府専用機で羽田空港。
4時29分、公邸。13時5分、公邸周辺をウオーキング。

投稿者 首相の晩餐マスター : 23:27 | コメント (0) | トラックバック


2009年04月11日

タイ パタヤ市内で各国首脳と会談

【午前】パタヤ(Pattaya Thailand)市内の宿泊先ホテル「アマリ・オーキッド・リゾート・アンド・タワー(Amari Orchid Resort and Tower)」。

【午後】同市内のホテル「ドゥシットリゾート パタヤ(Dusit Resort Pattaya)」で中国の温家宝首相と会談。
韓国の李明博大統領と会談。温首相、李大統領と日中韓首脳会談。
宿泊先ホテルで報道各社インタビュー。
タイのアピシット首相と会談。
12日に予定された東アジアサミットなど一連の会議の中止が決まると、首相は帰国を一日早めることを決定。空港に向かう直前、首相は会議中止を「残念だ。タイ政府としては最大限努力した結果と受け止める」と記者団に語った。
政府専用機は20時20分(日本時間同22時20分)すぎにパタヤ近郊のウタパオ海軍基地を羽田に向け飛び立ち、観光地パタヤでの首相の長い一日は終わった。

【パタヤ(タイ中部)11日共同】麻生太郎首相は11日夜パタヤ市内で発生した大規模デモの影響で12日の東アジアサミットが中止されたのを受け当初予定を1日繰り上げ政府専用機で帰国の途に就いた。12日未明に羽田空港に到着予定。

当初予定では12日は東アジアサミットに出席、ミャンマー、ニュージーランド両首脳と会談し深夜に帰国する日程だった。

投稿者 首相の晩餐マスター : 23:23 | コメント (0) | トラックバック


2009年04月10日

東アジアサミットなどに出席するため政府専用機でタイに向け出発

18時21分、羽田空港。51分、東アジアサミットなどに出席するため政府専用機でタイに向け出発。

10日=現地時間
【午後】政府専用機でタイ中部パタヤ近郊のウタパオ海軍基地。
パタヤ(Pattaya Thailand)市内の宿泊先ホテル「アマリ・オーキッド・リゾート・アンド・タワー(Amari Orchid Resort and Tower)」。

投稿者 首相の晩餐マスター : 23:19 | コメント (0) | トラックバック


2009年04月03日

第2回金融サミット(20カ国・地域(G20)首脳会合)から帰国

18時12分、羽田空港。51分、皇居。帰国の記帳。19時7分、公邸。8分、河村建夫官房長官。

投稿者 首相の晩餐マスター : 23:09 | コメント (0) | トラックバック


2009年04月02日

第2回金融サミット(20カ国・地域(G20)首脳会合)

【午前】サミット会場のロンドンの東郊外、ロイヤル・ドック地区にあるエクセル・エキシビションセンターで20カ国・地域(G20)首脳会合(金融サミット THE LONDON SUMMIT 2009)の朝食会。
金融サミット参加国首脳らと集合写真撮影。
ロシアのメドベージェフ大統領と立ち話。
金融サミット全体会議。

【午後】金融サミットのワーキングランチ。
ロンドン市内のホテル「マンダリン・オリエンタル・ハイドパーク・ロンドン」で中国の胡錦濤国家主席と会談。
第2回金融サミットを終え、政府専用機でガトウィック空港発。

投稿者 首相の晩餐マスター : 23:43 | コメント (0) | トラックバック


2009年04月01日

ロンドン 各国首脳と会談、第2回金融サミット

1日=現地時間
【午前】宿泊先のロンドン市内のホテル「インターコンチネンタル・ロンドン・パークレーン」。
ホテル「ザ・ランドマーク・ロンドン」で、韓国の李明博大統領と会談。

【午後】自身の宿泊先ホテルでユドヨノ・インドネシア大統領と会談。
クラリッジス・ホテル」でイタリアのベルルスコーニ首相と会談。
英首相官邸で英国のブラウン首相と会談。

ロンドン市内の英皇太子公邸でチャールズ皇太子主催の熱帯雨林プロジェクトに関する首脳会合。
バッキンガム宮殿でエリザベス英女王主催のレセプション。
英首相官邸でインドのシン首相と会談。
第2回金融サミットのワーキングディナー。
宿泊先のホテル「インターコンチネンタル・ロンドン・パークレーン」。

投稿者 首相の晩餐マスター : 23:10 | コメント (0) | トラックバック


2009年03月31日

第2回金融サミット出席のため政府専用機でロンドンに向け出発

18時22分、羽田空港。49分、第2回金融サミット出席のため、千賀子夫人とともに政府専用機でロンドンに向け出発。

(31日)=現地時間
【午後】政府専用機で英国のロンドン・ガトウィック空港(London Gatwick Airport)。

投稿者 首相の晩餐マスター : 23:07 | コメント (0) | トラックバック


2009年02月25日

米国から政府専用機で帰国

24日
【午後】米国ワシントンのマンダリン・オリエンタル・ホテルでアーミテージ元国務副長官、ブレジンスキー元米大統領補佐官らとの昼食会。
同行記者団と会見。
ワシントン郊外のアーリントン国立墓地で無名戦士の墓、イラク・アフガン戦死者の墓に献花。
マンダリン・オリエンタル・ホテルでダニエル・イノウエ上院議員と会談。
ワシントン郊外のアンドルーズ空軍基地を政府専用機で出発。

25日
22時1分、政府専用機で羽田空港。31分、公邸。

投稿者 首相の晩餐マスター : 23:49 | コメント (0) | トラックバック


2009年02月24日

ホワイトハウスでオバマ米大統領と会談

23日
【午後】政府専用機でワシントン郊外のアンドルーズ米空軍基地。
宿泊先のマンダリン・オリエンタル・ホテル

24日
【午前】ホワイトハウスでオバマ米大統領と会談。

投稿者 首相の晩餐マスター : 23:46 | コメント (0) | トラックバック


2009年02月23日

日米首脳会談のため政府専用機でワシントンに出発

20時23分、羽田空港。51分、オバマ大統領と日米首脳会談のため政府専用機でワシントンに出発。

投稿者 首相の晩餐マスター : 23:55 | コメント (0) | トラックバック


2009年02月18日

サハリン州行政府でロシアのメドベージェフ大統領と会談

【午前】6時59分、羽田空港。7時20分、日ロ首脳会談などのため全日空(ANA)チャーター機でロシア・サハリンへ出発。

【午前】ロシアのユジノサハリンスク空港(ホムトヴォ空港)。パシフィック・プラザ・ホテル。サハリン州行政府でロシアのドミトリー・アナトリエヴィチ・メドヴェージェフ(メドベージェフ Dmitrii Anatolievich Medvedev)大統領と会談。

【午後】報道各社のインタビュー。液化天然ガス(LNG)加工施設の稼働式典。LNG運搬船を視察。
全日空チャーター機で同空港発。

【午後】6時20分、羽田空港。54分、皇居。帰国の記帳。7時9分、公邸。11分、河村建夫官房長官。

投稿者 首相の晩餐マスター : 23:16 | コメント (0) | トラックバック


2009年01月31日

世界経済フォーラム年次総会「ダボス会議」で特別講演

【午前】ヘリコプターでダボス。コングレスホテルでスイスのハンス=ルドルフ・メルツ大統領と立ち話。
コングレスセンターでブラウン英首相と立ち話。世界経済フォーラム年次総会「ダボス会議」で特別講演。

 【午後】気候変動問題に関する会合であいさつ。シュバイツァーホフホテルで各国ビジネスリーダーと昼食会。報道各社のインタビュー。コングレスホテル(Kongress Hotel)でデンマークのアナス・フォー・ラスムセン(Anders Fogh Rasmussen)首相と会談。

チューリヒ国際空港からチューリヒのムーベンピックホテル。チューリヒ国際空港。
スイスでの世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)出席を終え、政府専用機で同空港発。

投稿者 首相の晩餐マスター : 23:59 | コメント (0) | トラックバック


2009年01月30日

世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)出席のためスイスへ出発

18時1分、羽田空港。
30分、世界経済フォーラム(WEF)年次総会(ダボス会議)出席のため政府専用機でスイスへ出発。

(30日)=現地時間
【午後】政府専用機でチューリヒ国際空港。宿泊先のムーベンピックホテル(Movenpick Hotel)

投稿者 首相の晩餐マスター : 23:58 | コメント (0) | トラックバック


2009年01月12日

青瓦台(大統領官邸)李明博大統領と首脳会談

【午前】ソウルの青瓦台(大統領官邸)で李明博大統領と首脳会談。共同記者会見。ロッテホテルで韓日議員連盟の李相得会長らによる表敬。
【午後】政府専用機でソウル空軍基地発。

15時27分、ソウルから政府専用機で羽田空港。

投稿者 首相の晩餐マスター : 23:57 | コメント (0) | トラックバック


2009年01月11日

日韓首脳会談のため政府専用機で韓国へ出発

【午前】9時8分、羽田空港。29分、日韓首脳会談のため政府専用機で韓国へ出発。 
【午前】ソウル空軍基地。

【午後】国立墓地「顕忠院」で献花。ロッテホテルで韓国経済四団体主催の昼食会。
漢陽大融合技術センターを視察。同ホテルで日韓両国の高校生と交流。
青瓦台(大統領官邸)で李明博大統領と懇談。
李大統領と共に日韓財界人と懇談。大統領主催夕食会。

投稿者 首相の晩餐マスター : 23:56 | コメント (0) | トラックバック


2009年01月06日

首相公邸で会食

20時6分、公邸。自民党税制調査会の津島雄二会長、柳沢伯夫小委員長、町村信孝顧問らメンバーと会食。河村長官同席。
22時15分、私邸。

投稿者 首相の晩餐マスター : 23:49 | コメント (0) | トラックバック


2008年11月25日

麻生首相がアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議出席でペルーから帰国

アジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議出席のためペルーを訪問していた麻生太郎首相は25日午前、羽田着の政府専用機で帰国した。
時事.com(2008/11/25-10:45)

投稿者 首相の晩餐マスター : 13:53 | コメント (0) | トラックバック


2008年11月23日

APEC首脳会議

23日=現地時間
【午前】ペルー陸軍総司令部でメキシコのカルデロン大統領と会談。APEC首脳会議。

【午後】ペルー陸軍総司令部でアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議参加の各国首脳写真撮影。首脳宣言発表。大統領官邸で首脳昼食会。日秘文化会館で内外記者会見。日系ペルー人や在留邦人との懇談。政府専用機でリマ国際空港発。

投稿者 首相の晩餐マスター : 23:59 | コメント (0) | トラックバック


2008年11月22日

ペルー陸軍総司令部でアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議

22日=現地時間
【午後】ペルー陸軍総司令部でアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議。
コロンビアのウリベ大統領と会談。APECビジネス諮問委員会(ABAC)との対話。
スイスホテルで報道各社のインタビュー。
リマのホテル「ソネスタホテル・エル・オリバル」でロシアのメドベージェフ大統領と会談。
陸軍総司令部でチリのバチェレ大統領と立ち話。夕食会。
中国の胡錦濤国家主席と会談。宿泊先のスイスホテル。

投稿者 首相の晩餐マスター : 23:47 | コメント (0) | トラックバック


2008年11月21日

政府専用機でペルーのリマ国際空港。宿泊先のスイスホテル

21日=現地時間
【午前】政府専用機でペルーのリマ国際空港。宿泊先のスイスホテル

【午後】ペルーの首都リマのスイスホテルでベトナムのグエン・ミン・チェット国家主席(大統領)と会談。同行記者団と懇談。大統領府で歓迎式典。
ペルーのガルシア大統領と会談。日・ペルー投資協定署名式。ガルシア大統領と共同記者会見。叙勲式。ガルシア大統領主催夕食会。宿泊先のスイスホテル。

投稿者 首相の晩餐マスター : 23:45 | コメント (0) | トラックバック


アジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議出席政府専用機で出発

午前0時8分、アジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議出席のため、政府専用機でペルーの首都リマへ向け出発。

投稿者 首相の晩餐マスター : 13:44 | コメント (0) | トラックバック


2008年11月16日

国立建築博物館(National Building Museum in Washington)でワーキングランチ

現地時間15日
【午後】国立建築博物館(National Building Museum in Washington)でワーキングランチ。「ナショナル・プレス・ビルディング」で内外記者会見。
金融サミットを終え、政府専用機でワシントン郊外のアンドルーズ米空軍基地発。

日本時間16日
23時41分、羽田空港。
17日0時23分、東京・神山町の私邸。

投稿者 首相の晩餐マスター : 23:19 | コメント (0) | トラックバック


2008年11月15日

金融サミット全体会議

現地時間14日
【午後】米ワシントンのホテル「ウィラード・インターコンチネンタル・ワシントン」で同行記者団と懇談。
英国大使公邸でブラウン英首相と会談
ホテル「ザ・リッツ・カールトン・ワシントン」でユドヨノ・インドネシア大統領と会談。
ホワイトハウスで緊急首脳会合(金融サミット)のワーキングディナー。
宿泊先の「ウィラード・インターコンチネンタル・ワシントン」。

15日
【午前】ワシントンの国立建築物博物館で金融サミット参加各国首脳と集合写真撮影。
金融サミット全体会議。

投稿者 首相の晩餐マスター : 23:18 | コメント (0) | トラックバック


2008年11月14日

政府専用機でワシントン郊外のアンドルーズ米空軍基地

現地時間13日
【午後】政府専用機でワシントン郊外のアンドルーズ米空軍基地。
宿泊先のホテル「ウィラード・インターコンチネンタル・ワシントン(Willard InterContinental Washington)」。

投稿者 首相の晩餐マスター : 23:17 | コメント (0) | トラックバック


2008年11月13日

緊急首脳会合(G20金融サミット)出席のため政府専用機でワシントンへ出発

19時56分、羽田空港。
20時22分、緊急首脳会合(金融サミット)出席のため、政府専用機で米ワシントンへ出発。

投稿者 首相の晩餐マスター : 23:16 | コメント (0) | トラックバック


2008年10月25日

アジア欧州会議(ASEM)首脳会議から帰国

(25日)=現地時間
【午前】中国・北京の人民大会堂で、オーストリアのグーゼンバウアー首相と立ち話。
アジア欧州会議(ASEM)首脳会議の第2回会合。パキスタンのギラニ首相と会談。第3回会合。

【午後】ワーキングランチ。イタリアのベルルスコーニ首相と会談。
フランスのサルコジ大統領と会談。ASEM首脳会議閉会式。国際@楽部飯店で内外記者会見。
日本大使公邸で在留邦人と懇談。政府専用機で北京国際空港を出発。

(25日)=日本時間
【午後】23時45分、羽田空港。

(26日)

【午前】0時34分、東京・神山町の私邸。

(@:にんべんに具)

投稿者 首相の晩餐マスター : 23:58 | コメント (0) | トラックバック


2008年10月24日

北京の人民大会堂 アジア欧州会議(ASEM)首脳会議

(24日)=現地時間

【午前】中国・北京の人民大会堂で東南アジア諸国連合と日本、中国、韓国(ASEANプラス3)首脳会合。
北京市内のホテル「ザ・リージェント北京」で韓国の李明博大統領と会談。
人民大会堂で中国の温家宝首相と会談。胡錦濤国家主席と会談。

【午後】日中平和友好条約締結三十周年記念レセプションに出席し、あいさつ。
宿泊先のホテルニューオータニ長富宮で報道各社のインタビュー。
市内のホテル「グランド・ハイアット北京」でドイツのメルケル首相と会談。人民大会堂でアジア欧州会議(ASEM)首脳会議歓迎式典。写真撮影。開会式。モンゴルのエンフバヤル大統領と立ち話。
第1回会合。ワーキングディナー。ホテルニューオータニ長富宮で同行記者団と内政懇。

投稿者 首相の晩餐マスター : 23:16 | コメント (0) | トラックバック


麻生首相、中韓首脳と会談 関係の一層強化を確認

【北京=今堀守通】アジア欧州会議(ASEM)首脳会合に出席のため訪中した麻生太郎首相は24日午前、北京市内のホテルで韓国の李明博大統領と、続いて人民大会堂で中国の温家宝首相、胡錦濤国家主席と相次ぎ会談し、中国滞在での外交活動を本格化させた。
李大統領とは「価値を共有する」隣国同士として北朝鮮問題などで連携を強化していくことで合意に達した。麻生首相が就任後、中韓両国首脳と会談するのは初めて。
10月24日13時24分配信 産経新聞

日韓首脳会談では、麻生首相が「韓国は自由、民主主義、基本的人権などの価値を共有するわが国にとって最も重要な隣国だ」と述べると、李大統領も「日韓両国が自由、民主主義という理念を共有する北東アジアで最も重要な関係だ」と応じた。

 その上で、日韓両国が国際社会に貢献する「成熟したパートナーシップ関係」へ発展させることや、「シャトル首脳外交」を進めるなどして首脳間の意見交換を頻繁に行っていくことを確認した。麻生首相はさらに、先送りになっていた日中韓首脳会談を年内に日本で開催することを伝えた。

 北朝鮮問題では、核問題の解決に向け、米国も加えた3カ国の連携が重要であるとの認識を共有。麻生首相は、日本人拉致問題にも触れ、「ぜひとも引き続き核、拉致を含め各国の協力を得て対処したい」と表明すると、李大統領は「北朝鮮は拉致問題のような非人道的な問題への解決にも対応すべきだ。日本の立場を支持する」と語った。

 世界的な金融危機をめぐっては、11月15日にワシントンで開催されることになった緊急首脳会合(サミット)での協力も含め、緊密に連携していくことで一致した。

 中国首脳との会談では、「戦略的互恵関係」を引き続き構築していくことで合意。麻生首相は、中国製冷凍ギョーザをはじめとする「食の安全」について、日本国民にとり非常に大きな関心と不安のある課題であるとして、中国政府の対応を促したとみられる。

 温首相とはまた、両国の捜査機関が外交ルートを通さずに協力していく「日中刑事共助条約」の批准書を交換した。 10月24日13時24分配信 産経新聞

投稿者 首相の晩餐マスター : 16:03 | コメント (0) | トラックバック


アジア欧州会議(ASEM)首脳会議出席のため、政府専用機で北京へ

19時57分、羽田空港。
20時23分、アジア欧州会議(ASEM)首脳会議出席のため政府専用機で北京へ出発。

(23日)=現地時間
【午後】北京空港。

投稿者 首相の晩餐マスター : 15:55 | コメント (0) | トラックバック


2008年09月25日

国連総会に出席のため政府専用機で米ニューヨークへ出発

13時55分、羽田空港。
14時21分、国連総会に出席のため政府専用機で米ニューヨークへ出発。

(25日)=現地時間
【午後】米国・ニューヨークのケネディ国際空港。
ニューヨーク市内のインターコンチネンタルホテル。
オーストラリアのラッド首相と首脳会談。
ラッド首相との共同記者会見。
国連本部で国連総会一般討論演説。
ロックバンド「U2」のボノさんら。
潘基文国連事務総長と会談。報道各社インタビュー。
食料危機・気候変動に関する潘事務総長主催夕食会。
イラクのタラバニ大統領と首脳会談。
政府専用機でケネディ国際空港発。

投稿者 首相の晩餐マスター : 23:55 | コメント (0) | トラックバック




Copyright © premier.oops.jp All Rights Reserved.