2016年04月25日

東京五輪エンブレム決定「組市松紋」野老氏のA案

2020年東京五輪・パラリンピック大会組織委員会は2016年4月25日、都内で会見し、「酷似騒動」により選考をやり直していた公式エンブレムを正式に発表した。最終候補に残っていた4案のうち、A案に決めた。A案作者は野老(ところ)朝雄氏。この日行ったエンブレム委員会の最終審査で決定した。

日本の文様

日本の文様
価格:3,024円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る

A案は、「組市松紋」がテーマ。江戸時代に「市松模様」として広まったチェック柄を伝統色「藍色」で、粋な日本らしさを描いた。形の異なる2種類の四角形が、国や文化・思想の違いを示す。その違いがつながり合い「多様性と調和」を表現し、つながる世界を目指している。

組織委員会は4作品について一般からの意見を募った。森喜朗会長は25日の理事会で、これまで4万人、述べ11万件の意見が寄せられたことを明かし、「国民の関心の高さが明らかになった」と述べた。

エンブレムをめぐっては昨年7月、佐野研二郎のデザインに決まったが、その後「酷似問題」が表面化。白紙撤回された。公募で1万4599作品が集まり、14回にわたるエンブレム委員会で、最終候補を4作品に絞り込んでいた。

投稿者 首相の晩餐マスター : 23:28 | コメント (0)


2015年12月22日

新国立競技場の建設計画 A案に決定

2020年東京五輪・パラリンピックの主会場となる新国立競技場の整備で、安倍晋三首相は22日、業者2チームから提案されていた設計・施工案のうち、「木と緑のスタジアム」を主なコンセプトにしたA案で建設することになったと発表した。その後に会見した遠藤利明五輪担当相は、これまで非公表だったA案の業者は、大成建設・梓設計・建築家の隈研吾氏で構成するチームだと明らかにした。

投稿者 首相の晩餐マスター : 23:14 | コメント (0)


2015年10月01日

東京五輪へスポーツ庁が発足 鈴木大地長官が正式就任

国のスポーツ施策を総合的に推進するスポーツ庁が1日、文部科学省の外局として発足した。午前中に1988年ソウルオリンピック競泳男子100メートル背泳ぎ金メダリストの鈴木大地初代長官(48)が初登庁し、下村博文文科相から辞令を受け取って正式に就任した。看板の除幕式の後、職員への訓示を行い、午後に記者会見を開く。
2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けたトップ選手の強化、スポーツ振興を通じた国民の健康増進や地域社会の活性化がスポーツ庁の大きな任務となる。新たな専門官庁として、複数の省庁にまたがるスポーツ関連事業の調整や、企画立案を担う。

投稿者 首相の晩餐マスター : 13:11 | コメント (0)


2015年09月28日

東京五輪 IOCへの提案種目に野球・ソフトなど5競技18種目 大会組織委員会

2020年東京五輪で開催都市の東京が提案できる追加種目について、大会組織委員会は28日、野球・ソフトボール、空手、ローラースポーツ、スポーツクライミング、サーフィンの5競技計18種目を国際オリンピック委員会(IOC)に提案すると発表した。

同日開かれた種目追加検討会議(座長・御手洗冨士夫経団連名誉会長)で最終選考が行われ、その後の理事会で承認された。

IOCに提案される18種目は以下の通り

野球・ソフトボール(2)=男子野球、女子ソフトボール

空手(8)=男女形、男女組み手3階級

ローラースポーツ(4)=スケートボード男女ストリートタイプ、男女パークタイプ

スポーツクライミング(2)=男女複合

サーフィン(2)=男女ショートボード


IOCは今後、プログラムを検証する専門委員会で、提案内容を吟味。追加種目は来年8月にリオデジャネイロで開かれるIOC総会で正式決定する。

国民的スポーツで、大会の盛り上がりが期待できる野球・ソフトボールは、採用が決まれば2008年北京五輪以来の五輪競技復活となる。日本発祥の空手は国際的に普及し、既存施設を活用できるのも強み。ローラースポーツ、スポーツクライミング、サーフィンはIOCが重視する若者への高いアピール力が決め手となった。

記者会見した御手洗座長は「日本におけるスポーツの関心の高さや広がりを世界に示す絶好のチャンス」と述べた。

追加種目にはIOCが承認する26の国際競技団体が応募し、書類による1次選考を経て8候補が最終選考に残っていた。残るボウリング、スカッシュ、武術は落選した。

投稿者 首相の晩餐マスター : 23:03 | コメント (0)




Copyright © premier.oops.jp All Rights Reserved.