« エストニアのラタス首相と首脳会談 安倍晋三首相主催の夕食会 | 表紙へ戻る

2020年02月11日

野村克也さんが死去

プロ野球南海(現ソフトバンク)で捕手兼任監督を務め、ヤクルト、阪神、楽天でも指揮を執った野村克也(のむらかつや)さんが死去したことが11日、関係者の話で分かった。84歳。京都府出身。

*マスターより
野村克也氏の現役時代を知るマスターとしては悲しい知らせでした。ご冥福をお祈りします。

京都・峰山高から1954年にテスト生で南海入団。3年目に定位置を獲得すると強打の捕手として活躍し、1965年に戦後初の三冠王に輝いた。1970年から兼任監督を務め、1973年にリーグ優勝した。「生涯一捕手」を貫いてロッテ、西武と渡り歩き1980年に45歳で引退した。

通算3017試合出場、2901安打、657本塁打、1988打点は歴代2位。8年連続を含む本塁打王9度、打点王に7度輝いた。田中投手をテレビで見ると「マー君、神の子、不思議な子」というフレーズをよく思い出します。

投稿者 首相の晩餐マスター : 2020年02月11日 12:05

にほんブログ村に参加しています。記事が役に立ったらクリックしていただくと嬉しいです。
にほんブログ村 グルメブログ 食いしん坊へ にほんブログ村 政治ブログ 議員応援・議員批判へ

  




Copyright © premier.oops.jp All Rights Reserved.