« インド モディ首相と首脳会談 | 表紙へ戻る | インド訪問を終え昭恵夫人と共に政府専用機で羽田空港 »

2017年09月15日

北朝鮮が弾道ミサイル発射、北海道から太平洋へ通過

日本政府は15日06:57頃、北朝鮮西岸から弾道ミサイルが発射されたとして、国民保護に関する情報を発表しました。07:04~07:06頃に日本領域上空(北海道地方)を通過し、07:16頃に襟裳岬の東約2000kmの太平洋上に着水した模様です。07:30から記者会見を行った菅官房長官によると、現時点で被害は確認されていません。9/15(金) 7:10配信 レスキューナウニュース

【Jアラート(全国瞬時警報システム)発表地域】
・北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、新潟県、長野県

・06:57頃     北朝鮮西岸(平壌近郊とみられる)から弾道ミサイル1発発射 東北方面へ
・07:01      Jアラート第1報
・07:04~07:06頃 日本領域上空(北海道地方)を通過
・07:07      Jアラート第2報
・07:16頃     襟裳岬の東約2000kmの太平洋上に着水

・07:30      菅官房長官記者会見、現時点で日本領域への落下物や被害などは確認されていない

※破壊措置は実施されていない。
※不審な物を発見した場合には、決して近寄らず、直ちに警察や消防などに連絡を。

・Jアラートが発表されたのは、今年8月29日05:58頃、北朝鮮から発射された中距離弾道ミサイル(火星12)に伴う事案以来、通算4回目。
・その際は、高度550km、水平距離2700kmを弾道飛行し、襟裳岬の東約1180kmの太平洋上に着水。

投稿者 首相の晩餐マスター : 2017年09月15日 08:05

  



Copyright © premier.oops.jp All Rights Reserved.