« 富ケ谷の私邸、塩谷立自民党選挙対策委員長 | 表紙へ戻る | 国連総会出席のため米ニューヨークに向け昭恵夫人と共に政府専用機で出発 »

2017年09月18日

安倍首相が早期解散の意向10月22日投票を軸に調整

安倍総理が、臨時国会冒頭を念頭に衆議院を解散する意向を与党幹部に伝えていたことがわかりました。来月22日の投票を軸として調整が進んでいます。 政府・与党関係者によりますと、安倍総理は17日までに来週28日召集の臨時国会冒頭を念頭に早期に衆議院を解散する意向を与党幹部に伝えました。その場合、投票日は10月の22日か29日が想定されていますが「10月10日の公示・10月22日投票」を軸として調整が進んでいます。 安倍総理は17日夜、都内の私邸で自民党の塩谷選挙対策委員長と会談し、ニューヨークで開かれている国連総会から帰国後の金曜日以降に、日程も含め最終判断する考えを伝えました。 自民・公明の両党は18日夕方、幹事長・選対委員長らが会談を開いて選挙協力などの態勢について対応を協議します。また、安倍総理はロシアから18日午前に帰国する公明党・山口代表と党首会談を行う見込みです。

投稿者 首相の晩餐マスター : 2017年09月18日 01:04

  



Copyright © premier.oops.jp All Rights Reserved.