« 東南アジア歴訪のため政府専用機でカンボジアに向け出発 | 表紙へ戻る | ラオス トンシン首相と会談 »

2013年11月16日

2010年ワールドカップ準優勝のオランダと大健闘のドロー

国際親善試合(2013年11月16日、オランダ2-2日本、ベルギー・ゲンク)日本は2点を追いかける前半44分、長谷部のパスをエリア内にいた大迫がダイレクトで決め1点を返すと、1点を追いかける後半15分に本田がゴールを決め同点に追いついた。
後半から香川、遠藤を投入し試合のペースを握った日本だったがあと1点が奪えずにオランダと引き分けた。

前半序盤、右サイドの長友を使いチャンスメークをしたが、ゴールを奪えず。すると12分、ファンデルファールトに先制点を決められた。さらに38分にはロッペンに追加点を許した。一矢報いたい日本は44分、長谷部のパスをエリア内にいた大迫がダイレクトで決め1点を返し前半を終えた。

後半、長谷部、清武に代わり香川、遠藤を投入。リズムをつかんだ日本は15分、右サイドで内田、岡崎、本田、と細かくパスを回すと、内田がエリア内の大迫にパス、大迫が走りこんだ本田に落とすと、本田がゴール右隅に決めた。

その後もオランダゴールに迫った日本だったが、逆転ゴールを決めることはできなかった。

投稿者 首相の晩餐マスター : 2013年11月16日 23:59

にほんブログ村に参加しています。記事が役に立ったらクリックしていただくと嬉しいです。
にほんブログ村 グルメブログ 食いしん坊へ にほんブログ村 政治ブログ 議員応援・議員批判へ

  






Copyright © premier.oops.jp All Rights Reserved.