« ホテルニューオータニガーデンコート「ガーデンコートクラブ」 | 表紙へ戻る | 敵地でフランスを撃破! 高速カウンターから香川が決勝ゴール »

2012年10月08日

ノーベル賞 医学生理学賞に山中伸弥氏 iPS細胞作成

スウェーデンのカロリンスカ研究所(Karolinska Institutet)は8日、12年のノーベル医学生理学賞を、京都大iPS細胞研究所長の山中伸弥教授(50)と英ケンブリッジ大のジョン・ガードン博士(79)に授与すると発表した。

授賞理由は「成熟した細胞を、多能性を持つ状態に初期化できることの発見」。山中氏は06年、マウスの皮膚細胞に4種類の遺伝子を入れることで、あらゆる組織や臓器に分化する能力と高い増殖能力を持つ「人工多能性幹細胞(iPS細胞)」を作り出すことに成功。拒絶反応の少ない再生医療や難病の仕組みの解明などにつながる革新的な功績が評価された。

最初の成果が米科学誌に掲載されてから6年余りという異例のスピード受賞だ。

投稿者 首相の晩餐マスター : 2012年10月08日 23:30

にほんブログ村に参加しています。記事が役に立ったらクリックしていただくと嬉しいです。
にほんブログ村 グルメブログ 食いしん坊へ にほんブログ村 政治ブログ 議員応援・議員批判へ

  

このエントリーのトラックバックURL:http://premier.oops.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/2363






Copyright © premier.oops.jp All Rights Reserved.