« 2012年09月 | 表紙へ戻る | 2012年11月 »

2012年10月29日

公邸 民主党の山崎摩耶氏ら衆院1回生議員との会食

18時19分、公邸。
30分、民主党の山崎摩耶氏ら衆議院1回生議員約20人との会食。

与党の過半数割れが現実味を帯びつつある現状を踏まえ、同日召集された臨時国会について「緊迫した状況だ。結束して一つずつ課題を乗り越えよう。力を貸してほしい」と呼び掛けた。

20時32分、全員出る。

投稿者 首相の晩餐マスター : 23:53 | コメント (0) | トラックバック

2012年10月28日

ザ・キャピトルホテル東急 スパ&バーバー「カージュラジャ ティアド」散髪

13時31分、東京・永田町のザ・キャピトルホテル東急。スパ&バーバー「カージュラジャ ティアド」で散髪。
15時8分、公邸。

投稿者 首相の晩餐マスター : 23:51 | コメント (0) | トラックバック

2012年10月25日

石原都知事が辞任表明…新党結成、衆院選出馬へ

東京都の石原慎太郎知事(80)は10月25日午後3時から、東京都庁で緊急記者会見を開き、都知事を辞任することを表明した。

都議会議長に辞表を提出する。自らを党首とする新党を結成し、次期衆院選にも出馬する。大阪市の橋下徹市長(43)が代表を務める新党「日本維新の会」と連携しながら、次期衆院選で民主、自民両党に対抗する第3極勢力の結集を目指す。早ければ12月上旬にも都知事選が行われる見通し。

石原氏は、「東京から日本を変える」をスローガンに、1999年の都知事選で初当選し、現在4期目。

 石原氏はこの日、緊急記者会見を開き、「諸般の事情にかんがみて知事を辞職する」「もう一回、国会に復帰しようと思う」などと語った。新党には、たちあがれ日本の平沼代表や園田幹事長ら、同党の衆参国会議員5人が参加する。

 石原氏は68年の参院選で初当選し、72年に衆院にくら替えして当選。75年に都知事選に挑戦したが、現職の美濃部亮吉氏に敗れた。再び衆院議員となり、環境庁長官(現環境相)、運輸相(現国土交通相)を務め、国会議員在職25年を機に95年に衆院議員を辞職した。

投稿者 首相の晩餐マスター : 18:02 | コメント (0) | トラックバック

2012年10月23日

田中慶秋法相が辞任

外国人献金や暴力団との交際が発覚した田中慶秋法相は23日午前、秘書官を通じて野田佳彦首相に辞表を提出し、受理された。田中氏は辞任の理由について「体調不良」と説明したが、事実上の更迭。
田中氏は辞任の記者会見は行わず、「体調が許さず、法務行政、国会停滞など国民生活へご迷惑をかけることは忍び難く、職を辞する決断をした」とのコメントを発表した。

 民主党政権での閣僚辞任は8人目で、野田内閣では2011年9月の鉢呂吉雄経済産業相以来2人目。1日の内閣改造から1カ月もたたない中での閣僚辞任により、野党が首相の任命責任を追及するのは必至で、政権には手痛い打撃となる。

首相は23日の閣僚懇談会で「体調不良により加療が必要ということで、大変残念だ」と述べた。藤村修官房長官も記者会見で、体調不良が辞任の理由とし、外国人献金や暴力団との交際との関連は否定。「体調に関しては(法相)本人が判断した。それをもって(首相の)任命責任ということにはつながらない」と強調した。

田中氏は22日夜、藤村長官に電話で辞意を伝え、23日午前の定例閣議には出席しなかった。

田中氏は、18日の参院決算委員会を「公務」を理由に欠席し、野党からは「国会軽視」との批判が噴出した。19日の閣議を体調不良で欠席し、22日まで都内の病院に入院していた。田中氏は続投に意欲を示していたが、与野党で辞任論が強まり、首相も更迭に踏み切るとの見通しが出る中、自発的に辞任せざるを得ないと判断したとみられる。

投稿者 首相の晩餐マスター : 16:18 | コメント (0) | トラックバック

2012年10月16日

日本、ブラジルに4失点で完敗

サッカー日本代表は現地時間2012年10月16日、国際親善試合のブラジル戦に臨み、0-4と完敗を喫した。ブラジルから初勝利を挙げることはできず、通算対戦成績は2分け7敗となった。

日本のスターティングメンバーには、香川真司、長友佑都らが名を連ねた。負傷のためフランス戦は出場を回避した本田圭佑も先発に復帰した。

序盤は王国ブラジルに対して、互角の戦いを演じる日本。しかし、10分過ぎからブラジルがペースを握り始めると、12分にミドルレンジからパウリーニョにトゥーキックでシュートを決められ、先制点を奪われる。さらに26分、ペナルティーエリア内で今野泰幸がハンドを取られ、PKを献上。そのPKをネイマールに落ち着いて決められ、0-2とされる。その後もブラジルに攻め込まれる危ない展開が続くも、何とかしのぎ、日本は2点のビハインドで前半を終えた。

 後半に入ると日本は、内田篤人に代えて酒井宏樹、中村憲剛に代えて乾貴士を投入する。しかし、悪い流れを断ち切れず、後半3分に右CKからのボールを受けたネイマールが左足シュートを放つと、ボールが吉田麻也に当たり3点目。その後もカカにダメ押しとなる4点目を奪われてしまう。日本はザッケローニ監督就任後、初の大量4失点でなすすべなく敗れた。

 日本は次戦、11月14日にワールドカップ・アジア最終予選の第5戦、アウエーのオマーン戦に臨む。

GK:1 川島永嗣
DF:5 長友佑都、6 内田篤人→21 酒井宏樹(後半0分)、15 今野泰幸、22 吉田麻也→16 栗原勇蔵(後半45分)
MF:4 本田圭佑、7 遠藤保仁、14 中村憲剛→9 乾貴士(後半0分)、17 長谷部誠(Cap)→13 細貝萌(後半17分)
FW:8 清武弘嗣→19 宮市亮(後半45分)、10 香川真司

サブ:12 西川周作、23 権田修一、3 駒野友一、25 酒井高徳、11 ハーフナー・マイク、20 高橋秀人、24 佐藤寿人

投稿者 首相の晩餐マスター : 23:44 | コメント (0) | トラックバック

2012年10月13日

敵地でフランスを撃破! 高速カウンターから香川が決勝ゴール

日本代表は現地時間12日(以下現地時間)、欧州遠征の第1戦としてパリでフランス代表との国際親善試合に臨み、1対0で勝利を収めた。

 日本は香川真司や長友佑都らがスタメンに名を連ねた一方で、本田圭佑はベンチからのスタートに。トップ下には中村憲剛が、前田遼一が離脱した前線にはハーフナー・マイクが入り、右サイドバックは内田篤人ではなく酒井宏樹が起用された。

前半は地元フランスに押し込まれながら、何とか無失点でしのいだ日本。後半も守勢に回る時間が続いたが、長友佑都が機を見たオーバーラップでチャンスを作り出すなど、なかなかゴールを奪えないフランス相手に徐々にペースを掴む。

 その後もGK川島永嗣の好セーブでピンチをしのいだ日本は、迎えた88分、自陣のCKからカウンターを発動。今野泰幸が長い距離をドリブルで持ち込むと、長友の折り返しを最後は香川真司がゴール。終了間際に値千金の一撃が決まり、敵地でフランスを撃破した。

 日本は今後、16日にブラジル代表とポーランドで対戦する。

=以下、日本代表出場メンバー=

川島永嗣;今野泰幸、吉田麻也、酒井宏樹(86分:内田篤人)、長友佑都、遠藤保仁、長谷部誠(62分:細貝萌)、中村憲剛(62分:乾貴士)、清武弘嗣、香川真司、ハーフナー・マイク(86分:高橋秀人)

投稿者 首相の晩餐マスター : 08:38 | コメント (0) | トラックバック

2012年10月08日

ノーベル賞 医学生理学賞に山中伸弥氏 iPS細胞作成

スウェーデンのカロリンスカ研究所(Karolinska Institutet)は8日、12年のノーベル医学生理学賞を、京都大iPS細胞研究所長の山中伸弥教授(50)と英ケンブリッジ大のジョン・ガードン博士(79)に授与すると発表した。

授賞理由は「成熟した細胞を、多能性を持つ状態に初期化できることの発見」。山中氏は06年、マウスの皮膚細胞に4種類の遺伝子を入れることで、あらゆる組織や臓器に分化する能力と高い増殖能力を持つ「人工多能性幹細胞(iPS細胞)」を作り出すことに成功。拒絶反応の少ない再生医療や難病の仕組みの解明などにつながる革新的な功績が評価された。

最初の成果が米科学誌に掲載されてから6年余りという異例のスピード受賞だ。

投稿者 首相の晩餐マスター : 23:30 | コメント (0) | トラックバック

2012年10月06日

ホテルニューオータニガーデンコート「ガーデンコートクラブ」

17時26分、東京・紀尾井町のホテルニューオータニガーデンコート。
同ホテル内の会員制クラブ「ガーデンコートクラブ」で岡素之住友商事相談役、張富士夫トヨタ自動車会長、鈴木正一郎王子ホールディングス顧問、池田弘一アサヒグループホールディングス相談役と会食。
20時28分、公邸。

投稿者 首相の晩餐マスター : 23:35 | コメント (0) | トラックバック

2012年10月03日

マレーシアのアブドル・ハリム国王夫妻歓迎の宮中晩さん会

18時40分、皇居。マレーシアのアブドル・ハリム国王夫妻歓迎の宮中晩さん会に仁実夫人と出席。
22時4分、公邸。

投稿者 首相の晩餐マスター : 23:32 | コメント (0) | トラックバック

2012年10月01日

野田第3次改造内閣 閣僚名簿を発表

野田佳彦首相は1日午後、内閣改造を行い、同日夕の皇居での認証式を経て野田第3次改造内閣が発足する。
民主党内の消費増税論議を取りまとめた前原誠司前政調会長を国家戦略・経済財政担当相に起用するほか、知名度の高い田中真紀子元外相を文部科学相に充てる。
「近いうち」の衆院解散・総選挙へ向け「選挙の顔」を配置する一方、9月の党代表選で首相再選を支持した旧民社党系グループなどを重用する「論功行賞」色の強い布陣となった。

「近いうち」の衆院解散・総選挙へ向け「選挙の顔」を配置する一方、9月の党代表選で首相再選を支持した旧民社党系グループなどを重用する「論功行賞」色の強い布陣となった。
首相は1日午後、国民新党の自見庄三郎代表との与党党首会談で連立維持を確認した後、首相官邸で記者会見し、閣僚名簿を発表した。

◆野田第3次改造内閣の顔ぶれ 2012年10月1日
◇総理
野田佳彦(のだ・よしひこ) 55 千葉県議、党国対委員長、財務相。早大=衆(5)千葉4区 野田G
◇副総理・一体改革・行革 留任
岡田克也(おかだ・かつや) 59 通産省職員、党代表、外相、党幹事長。東大=衆(7)三重3区
◇総務・沖縄北方(初)
樽床伸二(たるとこ・しんじ) 53 党国対委員長、党幹事長代行。阪大=衆(5)大阪12区
◇法務・拉致(初)
田中慶秋(たなか・けいしゅう) 74 衆院内閣委員長、党副代表。東海大=衆(6)神奈川5区 旧民社G
◇外務 留任
玄葉光一郎(げんば・こういちろう) 48 党幹事長代理、国家戦略相、党政調会長。上智大=衆(6)福島3区
◇財務(初)
城島光力(じょうじま・こうりき) 65 党幹事長代理、党国対委員長。東大=衆(4)神奈川10区 旧民社G
◇文部科学
田中真紀子(たなか・まきこ) 68 科学技術庁長官、外相、衆院外務委員長。早大=衆(6)新潟5区
◇厚生労働(初)
三井辨雄(みつい・わきお) 69 副国交相、党政調会長代理。昭和薬科大=衆(4)北海道2区
◇農林水産 留任
郡司彰(ぐんじ・あきら) 62 副農相、党政調副会長。明治学院大中退=参(3)茨城
◇経済産業 留任
枝野幸男(えだの・ゆきお) 48 弁護士、党幹事長、官房長官。東北大=衆(6)埼玉5区 前原G
◇国土交通 留任
羽田雄一郎(はた・ゆういちろう) 45 衆院議員秘書、党参院国対委員長。玉川大=参(3)長野 鳩山G 
◇環境・原発事故(初)
長浜博行(ながはま・ひろゆき) 53 副厚労相、党財務委員長、内閣官房副長官。早大=参(1)千葉(衆(4)) 野田G
◇防衛 留任
森本敏(もりもと・さとし) 71 航空自衛官、外務省職員、拓大院教授。防大=民間
◇官房 留任
藤村修(ふじむら・おさむ) 62 副外相、副厚労相、党幹事長代理。広島大=衆(6)大阪7区 野田G
◇復興 留任
平野達男(ひらの・たつお) 58 農水省職員、参院予算委員長、副内閣相。東大=参(2)岩手
◇国家公安・消費者(初)
小平忠正(こだいら・ただまさ) 70 党代議士会長、衆院議運委員長。慶大=衆(7)北海道10区 旧民社G
◇国家戦略・経済財政
前原誠司(まえはら・せいじ) 50 党代表、国土交通相、外相、党政調会長。京大=衆(6)京都2区 前原G
◇金融(初)
中塚一宏(なかつか・いっこう) 47 党総務委員長代理、副復興相。京大=衆(3)神奈川12区
◇防災・郵政(初)
下地幹郎(しもじ・みきお) 51 沖縄開発政務次官、党幹事長。中央学院大=衆(4)沖縄1区 国民新

投稿者 首相の晩餐マスター : 23:50 | コメント (0) | トラックバック



Copyright © premier.oops.jp 首相の晩餐 All Rights Reserved.