« 東京都知事選挙 10人届け出 石原都政の12年問う | 表紙へ戻る | 日本代表が2-1勝利、カズ三浦知良もゴール »

2011年03月27日

原発事故担当の首相補佐官、2人目に馬淵澄夫前国交相

馬淵澄夫前国交相が26日、首相補佐官に就任した。
馬淵氏は「自らの使命と受け止め、全力を尽くす」と、メールマガジン『まぶちすみおの不易塾日記』の中で表明した。

枝野官房長官は、馬淵氏に「東北地方太平洋沖地震災害及び原子力発電所事故の対応」を担当することを求めているが、当面は、細野豪志補佐官とともに福島第一原発事故対応に集中する。

馬淵氏の就任と入れ代わりに、寺田学補佐官(衆院秋田1区)は退任した。

馬淵氏は参院問責決議を受けて国交相を辞任。党内で広報委員長を就いていた。

原発事故は早期収束が難しく、放射性物質の拡散とともに、その対応範囲が広がっている。「細野補佐官からも、よりこの態勢を強化してほしいという要請、要望があった」と、枝野官房長官は同日の会見で語っている。

投稿者 首相の晩餐マスター : 2011年03月27日 23:24

にほんブログ村に参加しています。記事が役に立ったらクリックしていただくと嬉しいです。
にほんブログ村 グルメブログ 食いしん坊へ にほんブログ村 政治ブログ 議員応援・議員批判へ

  

このエントリーのトラックバックURL:http://premier.oops.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1964






Copyright © premier.oops.jp All Rights Reserved.