« グランドプリンスホテル赤坂中国料理店「李芳」 | 表紙へ戻る | <内閣改造>「国民目線で政策実行」福田首相会見 »

2008年08月01日

首相「内閣改造で原料高や景気に対応」自公党首会談

福田康夫首相と公明党の太田昭宏代表との与党党首会談が1日午前9時前から首相官邸で行われ、首相は同日午後に政権発足後初めての内閣改造を断行することを正式に伝えた。

党首会談は首相官邸で約20分間行われた。

首相は「連立与党なので改造について協力をお願いしたい。国民生活重視、国民生活目線の改革への態勢をつくっていきたい」と組閣に向けた方針を表明。その上で「原材料高、景気、少子高齢化に対応した陣容にしないといけない」との考えを示した。

太田氏は「生活重視の励ましの改革を強く打ち出すことが大事だ」と述べた。
会談には、町村信孝官房長官、自民党の伊吹文明、公明党の北側一雄両幹事長が同席した。
8月1日10時5分配信 産経新聞
 

この後、首相は午前11時ごろに、自民党の麻生太郎前幹事長と首相官邸で会談し、幹事長への就任を直接要請する。

午後、臨時閣議を開き、閣僚の辞表をとりまとめるとともに、自民党の臨時役員会などで一任を取り付け、党役員人事を決定する。夕方には自公両党の組閣本部を設置し官房長官が閣僚名簿を発表、首相も記者会見を行う。皇居での認証式は2日午前になる見通しで、正式な福田改造内閣発足は同日となる。

改造と自民党役員人事をめぐっては、このほか、町村信孝官房長官と大島理森国対委員長が留任の見通しだ。参院自民党の執行部は吉村剛太郎政審会長、矢野哲朗前参院国対委員長の入閣を推薦する方針だ。

投稿者 首相の晩餐マスター : 2008年08月01日 11:29

にほんブログ村に参加しています。記事が役に立ったらクリックしていただくと嬉しいです。
にほんブログ村 グルメブログ 食いしん坊へ にほんブログ村 政治ブログ 議員応援・議員批判へ

  

このエントリーのトラックバックURL:http://premier.oops.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/894






Copyright © premier.oops.jp All Rights Reserved.