« 内幸町帝国ホテル日本料理店「なだ万」 | 表紙へ戻る | ミャンマーサイクロン被害拡大3969人が死亡…1万5000人情報も »

2008年05月06日

胡錦濤・中国国家主席訪日 孫文ゆかりの日比谷松本楼で福田首相らと会食

来日中の胡錦濤・中国国家主席は6日夜、東京・日比谷公園内にあるレストラン「日比谷松本楼」で福田康夫首相らとの夕食会に臨んだ。
外国の首脳を公式の夕食会などに先立って首相の私的夕食会に招くのは異例。両首脳の個人的な関係を強調する意味があるとみられる。

松本楼は中国の「革命の父」とも呼ばれる孫文が日本亡命中に宴を開いた店としても知られる。店内には、孫文の妻、宋慶齢女史が愛用したヤマハ製の国産第1号のピアノが展示されている。

夕食会には、高村正彦外相、五百旗頭真防衛大学校長らが同席した。

一方、日比谷公園周辺では、チベットを支援する日本人約80人がチベットの「雪山獅子旗」を掲げ、夕食会開催中の松本楼に向けて、チベット騒乱への中国の対応を批判し、北京五輪ボイコットを求める抗議の声をあげた。

投稿者 首相の晩餐マスター : 2008年05月06日 23:25

にほんブログ村に参加しています。記事が役に立ったらクリックしていただくと嬉しいです。
にほんブログ村 グルメブログ 食いしん坊へ にほんブログ村 政治ブログ 議員応援・議員批判へ

  

このエントリーのトラックバックURL:http://premier.oops.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/811






Copyright © premier.oops.jp All Rights Reserved.